保険は、いわば「人生の転ばぬ先の杖」
一家の大黒柱に万が一何かあったとき、自分や家族が病気やケガで入院したとき、長生きして老後資金が不足したときなどの経済的リスクに備えるものである。

(写真=PIXTA)
(写真=PIXTA)

今や生命保険の認知度や加入率は高く、生命保険文化センターの平成28年度「生活保障に関する調査」によると、生命保険の加入者は、男女とも8割以上を超える。年齢別の生命保険加入率をみると、男女とも40〜50歳代で高いという。

だが、これほど多くの人がなんらかの保険に加入しているにも関わらず、保険に関する知識の有無を問われると、「詳しい」と答えた人は1割にも満たない。7割以上の人が「詳しくない」と自己評価しているのだ。

人生において、最も高額な買い物は「マイホーム」だといわれているが、実は、保険で支払う保険料も、その次くらいにお金がかかっている。それだけのコストを費やすのであるから、よくわからないでは済まされない。

それでは、よくある‘残念な’保険選びのパターンを検証しながら、賢い保険選びのポイントをご紹介しよう。

‘残念な’保険選びのパターン(1)
――保険ニーズと商品のミスマッチ

保険を選ぶ際に大切なのは、まず自分にどのようなリスクがあるかを洗い出し、それぞれの保障の優先順位を確認することである。

たとえば、‘おひとりさま’で扶養家族がいないのであれば、高額な死亡保障よりも医療保障の方が優先順位は高くなる。あるいは、配偶者や子どものいるファミリー世帯なら、優先順位は高いものから、生計を支える世帯主の死亡保障・医療保障→配偶者の死亡保障・医療保障→こども(学資)保険・老後の保障となるのが一般的だろう。

ところが、20代の未婚者が、勧められるままに高額な死亡保険に加入したり、将来が不安だからと、民間介護保険や個人年金保険に加入したりするケースがある。これがまさに、自分の保障ニーズと加入している保険商品がマッチしていない例だろう。

とりわけ、その保険に納得し、必要があると感じて加入しているなら別だが、保障内容を理解できていない場合は要注意だ。なぜなら、ムダな保険料を払っている以外にも、どんな保険に入っているかわからなければ保険金等を請求漏れしている可能性があるし、もらえるとアテにしていたのに、給付条件を勘違いして保険金等がおりず、資金計画が狂うこともあるからだ。

‘残念な’保険選びのパターン(2)
――保険料負担が大きく、貯蓄ができない

病気、ケガ、災害、事故、リストラ、死亡など、生活する上で、避けることのできないリスクやアクシデントは予想外のところに潜んでいる。これらのリスクが心配で、あれもこれもと保険に加入していたら、いわゆる‘保険ビンボー’に陥ってしまったというご家庭は少なくない。

おおむね、家計に占める保険料の割合の目安は、シングルやディンクスの場合4〜5%、ファミリーの場合8〜10%程度が理想。たとえば、シングルで手取り月収20万円なら月額8000円〜1万円となる。

なかには、将来の子どもの教育資金として学資保険に加入している方もいるが、今年の4月以降、生命保険の運用利回りに相当する「予定利率」は、1.0%から0.25%に引き下げられており、学資保険や定額型の個人年金保険に代表される貯蓄性商品のメリットはほとんどない。保険はあくまでも掛け捨ての‘保障’と割り切るべきだろう。

なお、貯蓄性商品のなかには、あえて商品改定を行わず、高い返戻率を保った商品もある。これは保険会社が顧客獲得のため赤字覚悟で保険料を抑えて、手厚い保障をつけているいわば‘ドアノック商品’という位置づけ。

採算度外視なだけに、たしかにおトクなのだが、セールスパーソンにアドバイスされて、想定外の不要な保険まで加入させられることのないよう注意したい。

また、矛盾しているようだが、家計に余裕がなく、保険料が払えないから、保険に入らないというのもよくある間違いパターン。保険は少額な保険料で高額な保障が得られる「レバレッジ機能」が特徴のひとつ。家計に余裕がないからこそ、保険を活用して経済的リスクに備えるべきである。

とにかく、保険は万能ではない。何にでも使える現金(貯蓄)を持っておくことも必要だし、個々のニーズやリスクをよく確認した上で、保険と貯蓄の‘いいとこどり’で備えよう。

‘残念な’保険選びのパターン(3)
――保険料や保険商品だけで選んでいる

目的に応じて保険商品を選ぶといっても、昨今の商品改定のサイクルはどんどん早くなっており、次々に新しい商品が登場している。そんな中で、自分のニーズに合った保険商品を選ぶというのは難しく、時間もかかるし、大変な作業だろう。

とはいえ、保険のプロである保険会社や保険代理店に相談すると、なんだか色々売りつけられそうで怖いという。そこで、よくある保険商品の選び方は、保険料や商品内容のスペックを比較したり、ネットの口コミをチェックしたりして、何となく良さそうなものに入るといった方法のようだ。しかし、このように保険商品だけに着目する方法では、新商品が出た場合、目移りしてしまう可能性が高い。

なぜなら、おしなべて、新商品の方が保険料も割安で保障内容も充実しているからである(そうでなければ、売れない)。

保険商品を選ぶ場合は、「保険商品」ばかりではなく、「保険会社」の支払い余力や健全性、広告やCMの誠実性、適切な危険選択(※)を行っているか。「担当者・窓口」の商品知識や顧客ニーズに応じた適切なアドバイスや情報提供が行われているか、加入後のアフターフォローはどうか、といったことも含め、この3つのバランスが取れた保険会社の保険商品を優先的に検討するようにしよう。加入するのが終身タイプの保険なら、保険会社とは一生のお付き合いとなることをお忘れなく。

※保険会社が契約者全体の利益を守るために、契約者の健康状態や職業を評価した上で加入を決定すること。

‘賢い’保険の選び方とは?

それでは、‘賢い’保険の入り方とはどんな方法だろうか? 一言でいうと「自分のリスクやニーズを理解し、必要な期間だけ、必要な分だけ保険に入る」という方法だ。家計診断などをしていると、たまにこのような「素晴らしい!」と太鼓判を押したくなるケースに出会う。

この方々は、予想されるリスクや経済的損失に対して、まず保険商品ありきで考えない。どれくらいの損失が予想されるか、それに対して、公的保障や勤務先の福利厚生などで補填される分はどれくらいか、預貯金でまかなうことはできないか、とステップを踏んで検討・試算し、その上で必要であれば、保険商品を活用する。

そして、将来的に高額な保障が必要なくなったり、備えられるだけの預貯金が準備できたりすれば、保険を‘卒業する’というのもひとつの選択肢としているのだ。

さて、あなたなら、これから保険をどう選ぶ?

黒田尚子
黒田尚子FPオフィス代表
CFP®資格、1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CNJ認定乳がん体験者コーディネーター、消費生活専門相談員資格を保有。立命館大学卒業後、日本総合研究所に入社。1996年FP資格取得後、同社を退社し、1998年FPとして独立。新聞・雑誌・サイト等の執筆、講演、個人向けコンサルティング等を幅広く行う。2009年末に乳がん告知を受け、「がんとお金の本」(Bkc)を上梓。自らの体験から、病気に対する経済的備えの重要性を訴える活動を行うほか、老後・介護・消費者問題にも注力。著書に「がんとわたしノート」(Bkc)、「がんとお金の真実」(セールス手帖社)、「50代からのお金のはなし」(プレジデント社)など。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)