カドカワ <9468> グループのゲーム情報誌『ファミ通』の調査によると、2017年上半期の国内家庭用ゲーム市場規模は前年同期比14.8%増の1532億円となり、2014年上半期以来3年ぶりに前年同期比でプラスに転じた。任天堂 <7974> の新型ゲーム機「ニンテンドースイッチ」がけん引役になったと見られる。

ハードは大きな伸びを見せるが、ソフトは前年小幅割れ

市場規模,ゲーム業界
(写真=PIXTA)

2017年上半期の国内家庭用ゲーム市場は3年ぶりのプラスに転じたが、「ニンテンドースイッチ」を中心とするハードの伸びが大きな要因となっている。ハードの市場規模は前年同期比44%増の765億円と著しい。一方でソフトは前年同期比6%減の767億円となっており、苦戦を強いられている。

ハードの伸びは「ニンテンドースイッチ」の貢献が大きい。2017年3月3日の発売以降、売れ行きは非常に好調である。発売から1カ月足らずの3月時点で全世界の販売台数は274万台となっている。「ファミ通」の調査では、6月末には国内販売台数も100万台を突破しており、発売から17週での100万台突破は現行の据え置き型ゲーム機では最も早いペースだという。

「ニンテンドースイッチ」だけでなく、2011年発売の「ニンテンドー3DS」、2014年発売の「プイステーション4」もそれぞれ2017年上半期に87万台の販売数を誇っている。ソフトの販売が伸び悩む中、新型ハードと従来のハードが共に好調を維持し、市場を支える構図となっている。

2017年は国内家庭用ゲーム市場の底打ちの年となるか?

国内家庭用ゲーム市場は上半期を順調に折り返し、下半期の市場動向に大きな期待が掛かる。ハードが順調に伸びる中、ソフトがどの程度伸びてくるかが焦点であろう。「ニンテンドースイッチ」向けとして、7月に「ドラゴンクエスト」と「スプラトゥーン」、「ニンテンドー3DS」向けには11月に「ポケットモンスター」といった大型タイトルのリリースが2017年下半期には控えている。「ニンテンドースイッチ」の販売がどこまで伸びるのかにも注目が集まる。

「ニンテンドースイッチ」も好調にあぐらをかいてはいられない。足下では品薄を指摘する声もあり、顧客の需要が高まっているうちに供給が出来なければ、飽きられてしまう可能性もある。また、今後も継続して魅力的なソフトを供給し続け、顧客の注目を留める努力も必要となる。

「ファミ通」の調査によると、国内家庭用ゲームの市場規模は2007年に過去最高となる6876億円を記録した後、縮小が続いており、2016年には3000億円割れとなる2995億円となっている。国内家庭用ゲーム市場の縮小に対して、ゲームアプリを含めたオンラインゲームの市場規模が急激に伸びており、国内ゲーム市場の約75%を占めるに至っている。オンラインゲームにシェアを奪われ続けてきた国内家庭用ゲームにとって、「ニンテンドースイッチ」は希望の星である。2017年が年間を通じて前年実績を超える事が出来るかどうかは国内家庭用ゲーム市場の今後を占う意味でも非常に重要となる。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)