世界には、投資や寄付の見返りとして国籍や市民権を給付する国・地域がある。しかしそうした「合法的にセカンド・パスポートを購入でき出来る国・地域」の中でも、取得するのに支払う金額とその価値に差があるようだ。

パスポートの価値ランキングの基準にされている「ビザなしで入国出来る国の数」だけではなく、投資や事業によって利益を得られる機会を考慮すると、1600万ドルの投資で取得でき、世界100カ国にアクセスできるロシアのセカンド・パスポートが最も安価のようだ(2015年データ)。

行動範囲は若干狭くなるが一家(大人2人、子ども2人)そろって2829万円、つまり一人当たり707万円という良心的な金額でパスポートが買える、ドミニカ共和国のような国もある。

価値の高いセカンド・パスポート10カ国・地域

パスポート,国籍,投資
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ランキングと申請に必要な寄付金・投資は以下のとおりだ(2016年プレミア・オフショア・データより編集部まとめ)。

10位 キプロス共和国 283万ドル
9位 オーストリア 226万ドル453万ドル
8位 マルタ 157万ドル
7位 ブルガリア 事業投資・国債購入で120万ドル
6位 セントクリストファー・ネイビス 29万5000ドル、不動産投資で最低50万ドル
5位 アンティグア・バーブーダ 27万5000ドル、投資で50万ドル
4位 ドミニカ共和国 25万ドル
3位 グラナダ 不動産投資で24万ドル
2位 セントルシア 20万ドルから25万ドル、国債購入で50万ドルから55万ドル
1位 ロシア 16万5000ドル

「セカンド・パスポート」とは?国籍・市民権の違い