アプリ市場データを提供する米App Annie(アップアニー)が公表した「マネタイズモデル調査レポート」で、世界のアプリ市場価値は2016年に1兆3000億ドルに上るが、今後更なる成長を続け、2021年には約5倍となる6兆3000億ドルにまで達すると見込まれていることが分かった。

モバイルコマース分野が爆発的な成長を続ける

アプリ,スマホ,市場規模,調査
(写真=PIXTA)

iPhoneが発売されてから10年、App StoreとAndroidのアプリストアが開設されてから9年が経った。世界のアプリ市場は加速度的な成長を今なお続けている。同レポートのよると、世界のアプリ市場価値は2016年に1兆3000億ドルに上る。2021年には6兆3000億ドルに達すると見られ、5年で5倍近い成長が予想されている。

同レポートはアプリ市場の価値をマネタイズモデル別に3つに区分している。1つ目がアプリストア収益である。2016年の同収益は600億ドルを超えているが、今後も年平均18%のペースで成長を続け、2021年には1390億ドルに達する見込みである。また、現在は同収益の8割をゲームが占めているが、今後は非ゲーム系アプリの収益も拡大していくと見られる。

2つ目はアプリ内広告である。こちらは2016年の720億ドルから2021年には2010億ドルの市場規模になると予測されている。年平均の成長率は23%に達する。南北アメリカやアジア圏を中心に広告の成長は続いていくと見られる。また、広告精度や効果測定技術の向上も成長に寄与する。

3つ目はアプリを利用した電子商取引を指すモバイルコマースである。同分野がアプリ市場の成長を大きくけん引しており、2016年の同分野の支出額は1兆1800億ドルとなっている。2021年には6兆ドルを突破し、年平均成長率は38%にも上ると見られる。経済活動がモバイルに移行している事の表れであり、現在32%となっている世界の商取引のモバイル化率は、2021年には40%強にまで達する見込みである。モバイル経済の発達が進むアジア太平洋地域では2021年のモバイル化率は42%に迫る。

このようにアプリ市場のマネタイズ化は3つの分野に分けられて、それぞれが成長を続けている。更に、アプリの利用自体も、まだ大きな成長余地を残している。アプリの総利用時間は2016年の1.6兆時間から2021年には3.5兆時間にまで増大する。

時間あたり支出額は日本が断トツ1位 ゲームへの課金が貢献か?

世界のアプリ市場は大きな成長を遂げるが、日本も例外では無い。市場規模は2016年の700億ドルから2021年には2100億ドルとなる。

同レポートではアプリ市場における日本の特徴が非常によく表れているデータがある。「1時間あたりの支出額」のデータである。日本人が1時間でアプリに費やす平均支出額は13.98ドルとなっている。2位が英国の4.6ドル、米国は2.36ドル、世界平均は0.8ドルである事からも分かるように、その数字は飛び抜けて高い。2021年にはその数字は18.42ドルまで伸びるという。

日本のアプリ総利用時間は680億時間を超える。利用時間の伸びも続いているが、日本ではそれ以上にアプリへの支出が伸びていると言える。レポートではアプリストアとモバイルコマースにおける支出水準が相対的に高い事が理由として述べられている。特にゲームアプリへの課金は多く、平均支出額の増加に貢献していると見られる。

日本にはゲームアプリの開発で大きな成果を残している企業も多い。それらはこうした日本人の特徴にうまくマッチした結果である。しかし、国内ゲームアプリ市場は成熟し、成長率の減速も指摘されている。ゲームアプリ開発会社はこぞってグローバル展開を課題として挙げるが、海外で成功している日本製ゲームアプリはごく少数に留まる。

国内大手のガンホー・オンライン・エンターテイメント <3765> の海外売上高比率は10%程度であると見られる。4月に発表した2017年12月期第1四半期決算ではヒット作「パズル&ドラゴン」の国内課金収入が減少し、売上高は前年同期比2割減となっている。7月にはグリー <3632> が海外ゲーム事業からの撤退を発表した。

時間当たり支出が多いという特徴に支えられて育ってきた、国内ゲームアプリ業界であるが、今後世界のアプリ市場の成長を取り込む為には、戦略の練り直しが必要となろう。5年で5倍の成長を見込む世界のアプリ市場では、今後ますます激しい競争が待ち受けると見られる。日本流の課金文化を世界へ広めるか、各国の特徴に合わせた展開を加速させるのか。世界のアプリ市場での成長戦略にまだ明確な答えはない。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)