病気やケガに備えて医療保険を活用するケースは多いが、よその家庭が一体どれくらの医療保険料を支払っているのか気になるところだろう。総務省の家計調査(2016年)によると、2人以上の世帯における医療保険料の全国平均は2万766円だった。

様々な保険を利用してリスクに備える日本人だが、地域別にみると、支払う医療保険料には大きな差が見られた。家計調査をもとにして、県庁所在地の医療保険料の支払い額をランキング形式でチェックする。

トップは大分市 トップ10の半数は九州勢

医療保険
(写真=PIXTA)

県庁所在地別(東京都区部を含む)の医療保険料の項目でトップとなったのは大分市で、その額は3万7712円と全国平均を1.8倍以上も上回る結果となった。2位には、同じく九州の宮崎市が3万2485円で続いたが、トップの大分市とは5000円以上の開きがあった。3位には宇都宮市が3万1008円、4位は札幌市の3万618円、5位は福岡市の3万476円となり、トップ5の中に九州の県庁所在地が3つもランク入りした。さらにトップ10内には、7位に鹿児島市(3万118円)、9位に熊本市(2万8942円)の2市がランク入りし、九州勢がトップ10のうち半数を占める結果となった。

大分市の医療保険料が他の市より高い理由を紐解くために、厚生労働省の地域保健医療基礎統計(2008)に着目してみよう。この統計は都道府県ベースとなっているが、最大の人口を抱えるケースが多い県庁所在地の状況を把握するのにも有効だろう。人口10万人あたりのがん患者の入院受療率では、大分県は全国で3番目に高い156人となっている。医療保険料で4位だった札幌市を抱える北海道は大分県に次ぐ154人で4番目だ。このがん患者の入院受療率の全国平均は10万人あたり111人となっており、大分県の水準は全国平均比で1.5倍近い。また、糖尿病による入院受療率についても、大分県は人口10万人あたり35人と全国で4番目に高い結果となった。こうした病気への罹患率の高さが医療保険の支払額に比例している可能性が考えられる。

医療保険料が最も少ないのは長崎市

一方、医療保険料の支払いが最も少なかったのは長崎市で1万2286円となり、トップの大分市の支出と比較すると3分の1以下の水準だった。他の九州の市が上位に食い込む中、長崎市は真逆の結果となった。長崎市以下は、福井市(1万3142円)、前橋市(1万3865円)、那覇市(1万4093円)、京都市(1万4644円)と各地域の県庁所在地が続き、目立った地域性は確認できなかった。病気の罹患率との関連性では、沖縄県のがん患者の入院受療率が10万人あたり79人にとどまり、全国の都道府県で最も少なくなっているのが特徴として挙げられる。

3大都市の医療保険料は低い水準

トップの大分市と、長崎市との間には医療保険料の支払いで大きな差が見られたが、ランキング全体を見渡すと、7位の鹿児島市までが3万円台の大台を超えた。33位の長野市(2万169円)からは2万円台を割り込み、3大都市圏の名古屋市は1万9982円、東京都区部は1万7373円、大阪市は1万5885円と軒並み1万円台の水準にとどまった。

地域別では、札幌市がけん引した北海道が2万6060円と最も高く、沖縄が1万4969円と最も安い結果となった。九州は、長崎市の医療保険料の額が全体を押し下げる結果となり2万1630円。そのほか、東北から四国までの地域は1万9000円台から2万2000円台とそれほど大きいな開きはなかった。医療保険料の支出ランキングは以下の通り。

医療保険料の支出ランキング

47位 12,286 長崎市
46位 13,142 福井市
45位 13,865 前橋市
44位 14,093 那覇市
43位 14,644 京都市
42位 14,724 盛岡市
41位 15,521 鳥取市
40位 15,825 山口市
39位 15,885 大阪市
38位 17,091 千葉市
37位 17,373 東京都区部
36位 19,077 静岡市
35位 19,589 青森市
34位 19,982 名古屋市
33位 20,169 長野市
32位 21,195 高松市
31位 21,273 和歌山市
30位 21,293 富山市
29位 22,148 津市
28位 22,515 広島市
27位 22,537 大津市
26位 22,602 新潟市
25位 22,644 徳島市
24位 22,669 岐阜市
23位 23,088 水戸市
22位 23,199 仙台市
21位 23,277 神戸市
20位 23,460 岡山市
19位 24,490 秋田市
18位 25,101 山形市
17位 25,278 さいたま市
16位 25,314 甲府市
15位 26,678 金沢市
14位 27,295 福島市
13位 27,430 佐賀市
12位 27,647 高知市
11位 28,307 松江市
10位 28,628 横浜市
9位 28,942 熊本市
8位 28,960 松山市
7位 30,118 鹿児島市
6位 30,374 奈良市
5位 30,476 福岡市
4位 30,618 札幌市
3位 31,008 宇都宮市
2位 32,485 宮崎市
1位 37,712 大分市

(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)