還暦祝いに「赤いちゃんちゃんこ」を送る。古くから行われている日本の伝統であるが、実は贈られる還暦人には抵抗が多いようだ。そんな結果がPGF生命の行った「2017年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」で明らかとなった。還暦人が喜ぶお祝いとは何なのであろうか。

日本の伝統「赤いちゃんちゃんこ」 今年の還暦人は興味なし?

還暦,お祝い
(写真=PIXTA)

還暦祝いに「赤いちゃんちゃんこ」を贈るというのは日本に古くからある伝統である。還の文字には、「元に戻る」という意味があり、還暦は文字通り、暦が戻るという事を意味する。本来、干支は十干十二支の事を指し、60通りある十干と十二支の組合せが一周するという意味で60歳の時に還暦を祝うのである。ちゃんちゃんことは、子どもの羽織の事であり、暦が戻った事を「生まれ変わる」と捉えている。また、赤色は魔除けの色とされる為、「赤いちゃんちゃんこ」が贈られるようになったようだ。

PGF生命は今年還暦を迎えるのは1957年生まれの世代を対象にした「2017年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」を行った。その中で還暦祝いに関する調査も行われている。

嫌だ・抵抗を感じてしまう還暦祝いの催しについて聞いたところ、79.7%が「赤いちゃんちゃんこを着る」を挙げている。日本の伝統である「赤いちゃんちゃんこ」であるが、今年の還暦人の多くが気恥ずかしさを感じる等、抵抗を持っているようである。それに次いで挙げられたのが「マッサージをしてもらう」であるが、その比率は17.1%である。

同調査では還暦人が考える高齢者の定義についても尋ねている。その結果、今年の還暦人の考える高齢者の定義は平均で70.4歳となっている。今年の還暦人はまだまだ高齢者には程遠いと考えており、そうした意識も「赤いちゃんちゃんこ」への抵抗に繋がっているのかもしれない。

また、嫌だ・抵抗を感じてしまう還暦祝いのプレゼントについては、「夫婦ペアグッズ(ペア財布・ペア腕時計など)」が31.2%で最も多い回答となった。「記念品(似顔絵・メッセージ入り置き時計・フォトフレームなど)」の28.1%、「花束」の16.4%がそれに次ぐ。還暦祝いを贈る際は、本人の希望も確認する方が無難かもしれない。

伝統よりも実用性? もらって嬉しい還暦祝いとは?

では、今年の還暦人が喜ぶ還暦祝いとは何なのだろうか。嬉しいと感じる還暦祝いの催しについて尋ねたところ、「一緒に旅行に行く」が38.8%で最も多い回答となった。「食事会を開く」の37.0%、「プレゼントをもらう」の28.5%がそれに続く。尚「赤いちゃんちゃんこを着る」を選んだ人はわずか1.5%となっている。

また、うれしいと感じる還暦祝いのプレゼントについては、「旅行券」が30.0%で最も多い。「おしゃれな洋服・小物(バッグ・腕時計など)」の19.5%、「花束」の13.8%と続く。

催しでは「一緒に旅行に行く」、プレゼントでは「旅行券」がそれぞれ票を集めており、今年の還暦人は旅行に行く事を望んでいるようだ。また、男女別の傾向に違いがある事にも注意したい。男性のプレゼントでは「お酒・嗜好品」が20.5%と高くなっているが、「花束」は3.9%と非常に低い。催しでは「一緒にお酒を飲む」が29.5%と高い。女性のプレゼントでは「おしゃれな洋服・小物(バッグ・腕時計など)」(26.5%)や「花束」(23.7%)に票が集まっている。

今年の還暦人は還暦祝いに「赤いちゃんちゃんこ」を着るという伝統はあまり重んじていないようである。それよりも旅行や気の利いたプレゼントといった実用的な物に喜びを感じているという結果が出ている。還暦祝いを贈る際は是非参考にしたい。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)