田舎暮らしに憧れや共感を持つ人も多いだろう。田舎の一軒家に泊まらせてもらうTV番組や、ごくごく普通の地域にスポットをあて、地元の人々との交流番組などが意外と人気を集めていることから、ある一定の層が興味を持っているということがわかる。

田舎暮らしに共感できるとはいえ、そこに移住するには大きな期待とともに不安もあることも事実だろう。こうした声に応えるように、移住に熱心な自治体ほど住居や起業への支援が手厚くなっている。「そこそこ田舎」「どっぷり田舎」など、移住のスタイルは様々だ。ここでは地域の特徴を生かした、移住スポットを厳選して紹介しよう。

多種多様な文化が個性的な田舎「島根県・隠岐の島」

田舎暮らし,補助金,住宅補助
(写真=PIXTA)

ダイビングや釣りで人気の隠岐の島は、島根半島の北方40~80キロの日本海に点在する島根県に属する島である。手つかずの神秘的な雰囲気を感じる深い森と紺碧の海。彫の深い縄文人と朝鮮半島の弥生系渡来人がルーツの島根県民は出雲美人が多いとも言われている。

隠岐は昔から「隠岐の国」と呼ばれ、江戸時代に栄えた北前船の往来により様々な異文化が風土に溶け込み、独特の文化や伝統があり古の形を遺しながら今でも大事に守られている。地球規模の火山活動によって生まれた特殊な地形が、この島ならではのめずらしい生物や植物が生息している貴重な島である。

隠岐の島ふるさと島根定住財団隠岐の島ふるさと定住奨励金制度では、U・Iターン者で居住した人に奨励金を交付、子育て支援として保育料の軽減(国基準の50%、第二子以降の保育料が無料)などとなっている。隠岐の島ではお試しの滞在住宅も準備している。

自然が豊かで、海を傍らにどっぷりとスローライフを満喫。伝統文化に触れながら、こころも体も大らかに過ごせるだろう。

贅沢気分も味わえる好アクセス田舎「鹿児島県霧島市」

霧島市の魅力はその雄大な景観と、美食人も満足度が高い特産品の多さだ。北には壮大な眺めを有する霧島連山、南には広大な平野が広がり、黒豚や黒毛和牛、黒酢に焼酎と多くの食の特産品をそろえる。また、電子機器などの世界的企業も進出するなど工業誘致も多く、農業などともバランスよく共存した恵まれた地域といえるだろう。

鹿児島空港は霧島市に位置しているため、東京から鹿児島空港までわずか約1時間40分、大阪からは約1時間10分で移動でき、飛行機をおりたらそこはすでに霧島市である。高速道路や鉄道などの利便性の良さもあり、鹿児島県企画部地域政策課データ国内外からの観光客は年間770万人に上っている。

霧島市役所霧島市のふるさと創生移住定住促進制度(補助制度)では、転入定住者(市外から霧島市への転入)は、住宅所得補助金が最高100万円、住宅増改築補助金が最高50万円、家賃補助金が月額賃料の3分の2(上限3万円)を12月分となっている。

九州というと遠いイメージもあるが、霧島市なら都会が恋しくなったときには、すぐにフライトもできる。このアクセスの良さはビジネス的にも安心できるだろう。

田舎も都会もほどほどに「滋賀県彦根市」

彦根市は琵琶湖のほとりに位置し、築城400年以上を誇る国宝の彦根城を有する、滋賀県東北部での中心都市である。国立滋賀大学や滋賀県立大学など研究学園都市としても盛んだ。

彦根市の魅力は、ほどほどに田舎であることと、ほどほどに都会であることだろう。都会ほどの殺伐とした空気感は全くない。しかし鉄道や高速を利用すれば京都や大阪、名古屋や東京などへのアクセスは抜群なのだ。それでいて琵琶湖のまるで海のような空の高い景色と遠くの山並みは素朴な田舎の風景そのものだ。歴史遺産も多く点在し恵まれた好立地である。

彦根市移住促進住宅取得補助制度彦根市の移住促進補助制度では、新築住宅取得経費の10分の1(上限50万円)の補助金や、お試しでの移住の家賃補助として最長2年間(12箇月目までは月額2万円、13箇月目から24箇月目までは月額1万円)の補助金などがある。

田舎暮らしはしたいけど、ある程度の便利さも求めたいという希望を叶える彦根市。まずはお試しや体験ツアーからでもチャレンジしてみてはいかがだろうか。

“東京のふるさと”ハイブリット田舎「東京都・西多摩エリア」

田舎暮らしはしたいけど、本当の外にはいけない人にぴったりなのが、あきる野市、檜原村などの西多摩エリアだ。

自然が豊かでクマやイノシシも生息、東京とは思えぬ異国感は都内では貴重な場所である。夏場はとっても涼しく、8月の平均気温は25度前後で大自然が天然のクーラーとなっている。

西多摩エリアの魅力は、一歩電車に乗れば大都市である東京23区までのアクセスがありながら、西多摩に戻れば天然の動物も住む穏やかな自然の中ということである。檜原村は年間を通じて観光客も多く、意外と人々の往来も多い。電車の駅はあるが、車の所持は必須となる。

檜原村では、定住空き家活用促進事業として、空き家を利用する人に対する補助金を交付している。

都会と田舎をそれぞれ満喫できるハイブリットな東京の田舎暮らし。ほどよい距離感でのんびりできるいまどき移住のスタイルともいえるだろう。

地域の過疎化は深刻な問題となっている。各自治体は出来る限りの支援制度やお試し制度設け、移住者を増やそうと試行錯誤をしているところであろう。ここでは紹介しきれていない全国の制度は移住・交流推進機構900以上もある。一度じっくりと調べてみてはどうだろう。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)