われわれは“なぜ”お金を使うのか? お金とは“何”なのか? お金は“どのように”使うべきなのか? 本書は、これらの問いを生物学、脳科学、心理学、人類学、宗教、芸術など幅広い観点から考察した独創的で刺激的な一冊である。

原書の副題は、「お金の豊かな生きざま、その歴史が人類の発展にいかに影響を与えてきたか」とある。邦訳はlifeを「一生」としているが、酸いも甘いも噛み分けてきた(生命体としての)お金の歩みは、敢えて「生きざま」と表現したほうがしっくりくる。

著者のカビール・セガール(本人の発音では「セイゴー」)氏は、米電子決済処理大手の企業戦略担当者である。2008年9月のリーマン・ブラザーズ経営破綻のときJ・P・モルガンのニューヨーク事務所で働いていた著者は、大統領選挙戦でスピーチライターを務めたり、音楽プロデューサーとしてグラミー賞を二度も受賞したりするなど、多方面で才能を発揮している。本書もまた、著者の旺盛な探究心と果敢な行動力の賜物といえる。

貨幣の「新」世界史――ハンムラビ法典からビットコインまで

著者:カビール・セガール
訳者:小坂恵理
出版社:早川書房
発売日:2016年4月22日

お金の過去から未来へ

『貨幣の「新」世界史――ハンムラビ法典からビットコインまで』
(画像=Webサイトより)

世界を翻弄し、人びとを著しく不合理な行動に駆り立てるお金とは、そもそも何なのか? 「交換の手段、価値の尺度、価値の保存」というのが従来の理解である。だが経済機能にのみ着目したそうした見方では、多面的なお金の全体像を捉えきれない。著者がたどり着いたのは、「価値のシンボル」という定義である。お金とは「何か価値のあるものや大切なものの象徴」という捉え方である。本書では終始、この定義に則って考察が進められる。

人類が生き残るためには、他者との共生・協力関係を維持しつつ、交換行為を通じて必要な食物や資源を確保しなければならない。それに必要な道具や手段を人類は絶えず更新してきた。長い時間をかけて、高い表象的能力(抽象的な思考を大きな社会全体で具体化する能力)を身につけた人類は、ついにお金を発明する。著者はそれを生物学の知見に拠りつつ、旧石器時代の洞窟壁画や古代遺跡の出土品を観察することによって確認している。

次いで著者は脳の内部を覗き見る。そこでは心理学や神経科学、さらに神経経済学の研究が重要な意味を持つ。脳画像化技術の利用によって、金融・投資上の意思決定に際しての人間の脳内の動きが明らかとなり、感情や遺伝子による影響の可能性が見いだされる。

「合理的な人間が合理的な市場を形成する」という従来の見方は崩れる。ただしそれですべて決まるわけではない。お金をいかに解釈し利用するかの判断は、「社会規範、文化的儀式、社会的信念」、その他の要素の影響も受けるからである。

著者の視点は、人間の脳から社会の脳(集合知)へと移る。「お金の先祖は物々交換ではなく負債だった」という一部の人類学者の主張を手がかりに、世界各地に足を運ぶ著者は、様々な先住民コミュニティにおける債務や贈与の文化(ポトラッチなど)について調査している。贈与経済から市場経済への移行に注目する著者は、「社会的債務が市場の債務に変換されることによって、賦役や奴隷制など良からぬ慣習が定着してしまう」と述べている。

本書はさらに、ハードマネーからソフトマネーへの貨幣形態の変遷をたどり、未来の貨幣の姿にも想像を馳せる。決済システムを体内に埋め込む「ニューラル・ウォレット」の実現はそう遠い先の話とは思えない。ただし今後の世界の流れや、人間と機械の関係がどのように進むにせよ、お金は「価値のシンボル」という事実が忘れられないかぎり、人間のお金の使い方が根本的に変わることはないであろう。

神と金(かね)

お金の使い方については、古来多くの宗教で似たような教えが説かれてきた。著者は、キリスト教の聖書、ユダヤ教の律法(トーラー)、イスラームのクルアーン、ヒンドゥー教の聖典ヴェーダに記された教えをつぶさにたどり、物質的な富にかんしては「少ないほどよい」あるいは「足るを知る」という精神的論理が共通しているようだと述べる。

たとえば新約聖書(マタイ福音書第6章24節とルカ福音書第16章13節)は、Ye cannot serve God and mammon.(汝らは神と金とに兼ね仕うることあたわず)と述べて、現世での蓄財を拒み、神を崇めるように説く。聖書が諸悪の根源とするのは、強欲の悪魔マモンに憑かれて金銭に執着することであって、お金そのものではないと考える著者は、Angel Investors(投資家は天使のごとく)の章の終わりで、「使い方さえ間違えなければ、お金は誰もが共有できる手段となり、人類の繁栄を促してくれる」と述べている。しかし、数多の投資家が堕天使と化すのが現実であってみれば、著者の理解はやや楽天的にすぎるような印象を持つ。

ふたたび「価値のシンボル」へ

最終章は、世界各国の古銭収集家のもとを訪ねて廻った旅の記録である。旅の終わりに、貨幣は「価値のシンボル」という振り出しに戻る。一連の旅を通じて、貨幣に刻印・印刷されたシンボルは、過去の文明や文化の歴史的な情報、国家の価値の象徴であることを著者は再確認する。「お金は私たちを絶えず形作っているが、逆に私たちのほうも、お金を形作っていけることをシンボルは思い出させてくれる」と著者はいう。本書の原題がCOINS(貨幣)ではなく、COINED(鋳造)となっている所以であろう。

ジャズ・ミュージシャンの顔も持つ著者は、「自分にとって、音楽はすべて。ある賢者が言っているように、君が音楽から離れられても、音楽は君を離さない」とまで語っている。なるほど著者の口吻は「音楽の調べ」のごとく流麗である。

No Boxes!(型にはまるな)が著者の座右の銘のようだが、その金言の主デューク・エリントンが、ミンガスとローチと組んで演奏したMoney Jungleを聴きながら本書を読むとよい。三人が奏でるアグレッシヴな音の響きからは、諸学問の垣根や仕切り(ボックス)を破り、マネーの実体に迫ろうと世界各地を縦横無尽に駆けめぐり、危険がいっぱいのジャングル(第1章)にも決然と足を踏み入れていく著者のアグレッシヴな行動と柔軟な思索の航跡がありありと伝わってくる。

本書を読み終えて思うのは、著者の多角的アプローチが導き出す解釈の是非を論じることにあまり意味はないということだ。むしろ本書は、貨幣を理解するには、より幅広いパースペクティヴからその多面的相貌を捉える必要があるということに読む者の目を見開かせてくれる点にこそ意味がある。(寺下滝郎 翻訳家)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)