9月1日は防災の日だ。様々な場所で啓蒙イベントや防災訓練が行われ、防災について改めて考える機会となるという人も多いだろう。大和ハウス工業 <1925> は防災の日を前に「2017年度防災意識調査」を実施し、8月29日に結果を公表した。調査では地震に対する不安を覚える人は多い一方で、防災に対する意識はまだ十分でない人が多いという現状が浮き彫りとなっている。

地震、台風、豪雨…… 防災準備率の向上が課題

防災の日,防災
(写真=PIXTA)

防災の日は災害についての認識を深めると共に、対処の心構えを準備する為として、1960年に内閣の閣議了承によって制定された。9月1日という日付は1923年の同日に10万人以上の死者を出した「関東大震災」が起きた事に由来している。

大和ハウス工業は防災の日を前に、「2017年度防災意識調査」の結果を公表した。調査は8月9日~12日にかけてインターネット上で行われ、同社の新築戸建住宅検討者1035名から回答を得た。

「防災」と聞いて思い浮かべる災害については、「地震」が98.0%となり、最も高かった。「台風」が72.8%でそれに続いた。このところ多くの被害をもたらしている「豪雨」は67.7%で3番目に多い回答となった。

「防災」を想定して準備しているものを聞いたところ、「地震」が最も多く、55.8%が回答した。「台風」は20.2%、「豪雨」は15.0%となった。「あてはまるものはない」との回答は37.2%に上り、防災準備率の向上には課題が残っているようだ。

地震への不安は8割を超えるが、防災準備率は5割強 地域によって意識の差も

認知率、準備率共に最も高い「地震」であるが、居住地域で大規模地震が発生する事への不安について尋ねたところ、全体の81.5%が不安を感じていると回答している。75.9%であった昨年の調査から、不安に感じる人が増加している事が分かった。

地震に対する不安を覚える人は8割を超えているが、地震に対する準備率は全国平均で55.8%である。地震への不安を感じてはいるが、防災意識が高まっていない人がまだ多くいるという状況が明らかとなっている。また、地震に対する準備率をエリア別に見ると、エリアによる防災意識の差が大きい事も分かる。準備率が最も高いのは「関東」で72.3%となった。「近畿」(67.6%)、「中部・東海」(62.2%)、「東北」(61.5%)も全国平均(55.8%)を上回った。一方で、「北海道」(39.5%)、「九州・沖縄」(41.9%)、「中国・四国」(45.9%)では準備率の低さが目立っている。

防災の為に実践している事について聞いたところ、「携帯ラジオ、懐中電灯、医薬品などを準備」が最も多く、52.7%が回答した。「食料や飲料水を準備」(49.7%)、「地域指定の避難場所を確認」(32.4%)、「家具・家電などを固定し、転倒・落下・移動を防止」(29.2%)も上位に挙げられている。ただ、ほとんどの項目が前年を数%下回る結果となっており、防災意識への課題がここでも浮き彫りとなっている。

防災情報は家族との共有も重要 3人に1人は共有出来ていない

防災対策では、家族との共有も非常に重要である。災害が起きた時の対策について、同居家族と共有できている情報を聞いたところ、「避難場所」(48.0%)、「防災グッズの場所」(32.8%)、「連絡方法」(25.5%)、「避難ルート」(16.4%)の順となった。回答はいずれも半数以下と低くなっており、「いずれも共有していない」との回答も34.5%あった。3人に1人は家族と防災状況を共有出来ていないという状況である。

今回の調査では、災害に不安を感じつつも備えが十分でない人が多いという現状が浮き彫りとなった。自分の防災意識・防災対策を自己採点してもらった結果、平均点は39.42点と低い評価となっている。災害はいつ起こるか分からない為、事前の備えは非常に重要となる。

防災について分からない事が多いという人は東京都の発行している以下の書籍を参考にしても良いだろう。

東京防災

書店での販売の他、電子書籍では無料ダウンロードも可能となっており、防災についての様々な情報がまとめられている。防災の日をきっかけに家族と防災について話し合ってみてはいかがだろうか。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)