日本労働組合総連合会は「非正規雇用で働く女性に関する調査2017」と題した調査を実施し、その結果を公表した。調査では非正規雇用で働く女性の約半数が初めて就いた職も非正規雇用である等の実態が明らかとなっている。

非正規を選ぶ理由は「時間の融通」が最多。「正社員になれなかったから」という人も

非正規雇用,女性
(写真=PIXTA)

調査は7月26日~28日にかけてインターネット上で行われ、20歳~59歳までの非正規雇用で働く女性1000名の有効回答を集めた。

学校卒業後に初めて就いた仕事(初職)の雇用形態を聞いたところ、「正社員・職員(民間企業、団体等)」が51.2%、「公務員(正規職員)」が1.4%となり、正規雇用は合計で52.6%であった。一方、「アルバイト」は21.0%、「パートタイマー」は15.5%、「有期契約社員・嘱託社員」は5.4%、「派遣社員」は3.5%、「臨時・非常勤公務員」は1.8%で非正規雇用の合計は47.2%となっている。現在、非正規雇用で働く女性の約半数は初職も非正規雇用であった事が分かった。

非正規雇用で働く理由について尋ねると、「自分の都合の良い時に働きたいから」が最も多く、全体の41.3%が回答している。非正規雇用のメリットとも言うべきポジティブな回答が最も支持される結果となった。「家庭の事情を優先しなければならなかったから」(28.2%)、「勤務時間や労働時間が少ないから」(27.0%)がそれに続いた。

ただ、労働時間別に見ると、週35時間未満の人では、「自分の都合の良い時に働きたいから」が43.7%で最も多い一方、週35時間以上の人は、「正社員・正規職員として働けるところがなかったから」が36.6%の回答を集め、最多回答となった。週35時間以上働く非正規雇用の女性は、不本意ながらも非正規雇用で働かざるを得ない人も多いようだ。

非正規雇用者の賃金、正規雇用との年収格差は200万円以上

非正規社員として働く上で問題となる事が多いのは賃金についてであろう。日々の生活において、経済的なゆとりを感じるかどうかについて聞いたところ、「ゆとりがある」が3.6%、「ある程度ゆとりがある」が21.8%となり、「ある」の合計は25.4%であった。一方で、「あまりゆとりがない」が36.7%、「まったくゆとりがない」が34.1%となり、「ない」の合計は70.8%に上った。経済的なゆとりを感じない人は非常に多いようだ。

平均年収については、全体の平均は139万6000円となっている。雇用形態別に見ると、「有期契約・嘱託社員」が最も高く、245万9000円となった。「派遣社員」は210万8000円、「パートタイマー」は113.7万円、「アルバイト」は118万6000円となっている。国税庁の「民間給与実態調査」によると、2015年の非正規雇用で働く女性の平均年収は147.2万円であり、今回の調査結果と近い数字となっている。ただ、正規雇用で働く女性の平均年収は367万2000円であり、非正規雇用との差は200万円を超えている。今回の調査で雇用形態別に最も平均年収が高かった「有期契約・嘱託社員」と比べても、100万円以上の差となった。非正規雇用の女性が経済的ゆとりを感じる事が出来ないのは、こういった賃金構造が原因であろう。

また、非正規雇用の女性に日頃感じる悩みを聞いたところ、「老後の生活」が51.6%で最も多く、「健康」(41.8%)、「仕事」(39.4%)と続いた。経済的ゆとりを感じる事の出来ていない非正規雇用で働く女性は老後の生活を不安視する人が多いようだ。非正規雇用で働く場合、退職金を受け取る事が出来ない事もそうした不安に拍車を掛けているとみられる。

一方で、時間的ゆとりについて聞いたところ、「ゆとりがある」が11.7%、「ある程度ゆとりがある」が41.0%で「ある」の合計は52.7%と半数を超えた。「あまりゆとりがない」は29.9%、「まったくゆとりがない」は13.2%となり、「ない」の合計は43.1%だ。非正規雇用で働く女性は半数以上が時間的ゆとりを感じる事が出来ており、そうした点は非正規雇用の大きなメリットであると言える。

非正規雇用で働く人は増加傾向 3人に2人は女性

非正規雇用で働く人は年々増加傾向にある。総務省の「労働力調査」によると、2017年4~6月平均で役員を除く雇用者は5441万人いるが、その中の37.1%にあたる2018万人が非正規雇用で働いている。全体の雇用者に占める非正規雇用の割合は年々増加傾向にあり、1989年には19.1%であったが、1999年に24.9%、2009年には33.7%、2016年は37.5%にまで高まっている。企業は雇用調整を行いやすい非正規雇用を積極的に採用する傾向にあり、そうした社会構造の変化が非正規雇用を増やしていると見られる。

また、2017年4~6月平均では2018万人いる非正規雇用の内、67.9%にあたる1371万人が女性だ。非正規雇用で働く女性は非常に多くなっている。今回の調査では、初職が非正規雇用だった人の多くがそのまま非正規雇用中心でキャリア形成を行っている事や、非正規雇用で働く多くの人が経済的な悩みを持つ一方、時間的なゆとりは感じる事が出来ている人も多い事など、非正規雇用で働く女性の実態が映し出されている。

政府の推し進める「働き方改革」では非正規雇用労働者の待遇改善も謳われており、「同一労働同一賃金」を目指す動き等が盛り上がりを見せる可能性もある。非正規雇用で働く女性の実態をしっかりと掴んだ上で、改革を行ってほしい。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
「従業員からの支持率が高いCEOランキング」
世界の15歳調査、お金のリテラシーが一番あるのは「中国」
トップ企業は時給7000円超 「上場企業の時給ランキング2017」
「長く快適に働ける」企業トップ20 1位の企業「転職は厳しい」の声も
お金を稼ぐには地理を学べ 代ゼミの名物地理講師が説く「経済を地理から学ぶべき」理由