文明の視点から経済を見つめ直す試み、それが本書で展開される「経済文明論」である。なぜ文明的な視点が必要なのか? たとえば組織の集権/分権という点に着目してみると、近代文明の進展にともなって、富の再分配、相互扶助、自給自足、モノやサービスの交換取引といった経済社会的機能を担うものとして、国家、コミュニティ、家族、市場という組織形態が発達してきた。

それらが織り成す複合的で多様な近代の社会構造を通時的(歴史的)かつ共時的(同時代的)に捉えるためには、広く長期的な視野を持つ文明という視点に立つほかない。それが、本書の基本的な構えである。

貨幣・勤労・代理人 経済文明論

著者:坂井素思
出版社:左右社
発売日:2017年8月7日

経済文明と「思考習慣」

貨幣・勤労・代理人 経済文明論
(画像=Webサイトより)

そもそも「経済文明」とは何か? 本書の叙述から拾ってみると、最も広い意味では、「人間と物質との関係」であり、「人間同士の関係に止まらず、道具として使われるモノの在り方に(中略)反映される人類のあり方」を指している。やや狭い意味では、人間と物質との間の「生産的かつ支配的な関係」であり、「思考習慣として成立する経済の考え方」をいう。またそれは、「経済の背景にあって、全体に関係を及ぼすような思考習慣」であり、「複合的に現れ、補完的・周辺的に集積され、長期的にかなりの影響力を持つ」ものである。

経済文明を初めて経済学の対象としたのは、アメリカの経済学者ソースタイン・ヴェブレンだという。ヴェブレンは、「経済のなかで、個人と個人を強く結びつけたり、個人と社会の関係を長期的に支配したりするような経済関係」を「思考習慣(habit of thought)」、またその一部として「制度(institution)」と呼んでいる。この意味において、貨幣であれ、市場であれ、企業組織であれ、すべてそれらの「経済的構築物」は、人びとの思考習慣であり制度なのだといえる。

経済文明が発展すると、市場は拡大し、組織は大規模化する。規模の経済を活かすために、組織を大きくすればするほど、専門分化が進み、代理人(エージェント)への依存度が強まる。それにともなって、組織内では成員の貢献・勤労意欲が低下する一方、依頼人(プリンシパル)本来の目的に反して代理人が自らの目的を優先した行動をとるようになる「エージェンシー・スラック」問題が生じるという。このエージェンシー問題にかんする本書の解説は、エンロン事件や東芝不正経理事件などの背景にある構造を理解するうえで参考になる。

産業vsビジネス

近代経済文明において本書が最も注目しているのは、「労働を重視する産業システムと、金融を重視するビジネスシステムとの対立と融合の歴史」である。産業とビジネス(商業・金融)の対立は、すでに古代ギリシアの時代にアリストテレスが「家政術」と「貨殖術(取財術)」の違いとして指摘している。

「家政術」は勤労を基本とし、労働で家政を維持するのにたいし、「貨殖術」は交換を基本とし、貨幣が経済を媒介する。実際、交易が盛んになれば、貨殖術による経済的関係が拡大してきた。

産業とビジネスの二項対立は、ジョン・ロックの労働と貨幣、マックス・ウェーバーが示した「勤労倫理を基本とする産業精神」とヴェルナー・ゾンバルトが示した「企業欲を中心とする企業精神」、ヨーゼフ・シュムペーターのいう「新結合」のなかの「技術的で革新的な「産業」の要素」と「組織的で営業的な「ビジネス」の要素」などにも見られるという。

産業とビジネスは対立関係にあるだけではない。信用・金融制度が産業の発展を支えるというかたちで協力関係にもあった。しかしやがて金融が主導権を握り、産業を大きく転換させる力を持つに至る。19世紀中ごろのアメリカで、世界初の石油の機械掘りに成功しながら貧窮の末に悲惨な死を遂げたエドウィン・ドレイクと、石油トラストを形成して巨万の富を築いたジョン・D・ロックフェラーのエピソードは、産業の時代からビジネスの時代への大きな転換を物語っている。

本書は、金融の力による企業結合(合併、合同、持株会社など)についても詳説しているが、特に興味深いのは、産業が「勤勉」であり続けようとする一方、ビジネスが効率からの撤退をはかるべく「サボタージュ」の機会を常にうかがっているという議論である。著者はそこに「企業家が金融を利用して、企業制度の統合機能を発揮するような、普遍的な産業社会の側面」を見て取っている。

なお、ここでいう「サボタージュ」とは、労働者が仕事を「サボる」という意味ではなく、企業家が生産過剰の時代を乗り切るためにとる調整方法を指し、逆説的な意味を含んでいることに注意を要する。

金融の力について突き詰めていくと、貨幣の信頼性という問題に突き当たる。今日の経済社会は不確実性に満ち満ちている。しかしながら人間は、外部から遮断された環境でぬくぬくと暮らし続けることはできない。経済的には、貨幣という抽象的な媒介物を通じて他者や社会と関係を結ばなければならない。

近代経済文明において、貨幣制度は人びとの信頼を基盤として成り立っている。その「信頼性という思考習慣があるために(中略)貨幣制度は、社会の複雑な取引や情報交換を節約し縮減する媒介物として、社会的に機能している」といえるのである。本書はこのほか、一般信頼性と特殊信頼性という二つの貨幣の信頼性や、信用膨張の末の信用崩壊の歴史についても分かりやすく解説している。

本書の特長は「46の名著も学べる」

本書は「46の名著も学べる」とオビに謳われているように、主要な知識人の議論が網羅されているが、単に多くの学説を羅列・解説しただけの無味乾燥な「教科書」とは一線を画している。とりわけ、クラフトウェア(工芸作家同士の交流の場)問題やエージェンシー(代理性)問題にかんする当事者へのインタビューを取り混ぜた分析や、「文明」「生産的」「クレジット」「ビジネス」「インダストリー」「ファイナンス」「トラスト」「サボタージュ」などの用語をエティモロジー(語源)から説き起こした解説は、本書の大きな魅力となっている。

著者は時局のテーマを直接論じてはいない。だが本書を読めば、経済の視点だけでは経済の本当の姿は見えてこないということに改めて気づかされるだろう。また経済を見つめる視野も広がり、産業やビジネス(あるいは金融)が経済全体においていかなる位置を占め、どういう関係にあるのかをより深く理解することもできるだろう。(寺下滝郎 翻訳家)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)