四国と淡路島を結ぶ本州四国連絡道路の大鳴門橋で、兵庫県南あわじ市が鉄道用に建設され、利用されないままになっている橋の下部を観光活用するための調査を始めた。兵庫県の井戸敏三知事とは意見交換を進めている。

橋の下部のうち、徳島県側は海上遊歩道の「渦の道」が整備され、鳴門海峡観光の目玉施設として多くの観光客を集めている。南あわじ市は淡路側にも目玉となる施設を設け、鳴門海峡へ訪日外国人観光客らを呼び込みたい考えだ。

四国新幹線通過予定部分をトロッコ列車か遊歩道に

インバウンド,四国経済
(写真=PIXTA)

1985年に開通した大鳴門橋の下部には、将来の四国新幹線整備に備え、鉄道の通る部分が整備されている。しかし、明石海峡大橋が1998年、道路単独橋として開通したため、鉄道部分は利用のめどが立たないまま放置されてきた。

大阪や京都など関西には近年、大勢の外国人観光客がやってきている。南あわじ市はこれを淡路島へ呼び込むため、大鳴門橋下部の鉄道部分を観光目的で暫定的に活用しようと考えた。

兵庫、徳島の両県は世界最大級といわれる鳴門海峡の渦潮を世界遺産に登録しようと、推進協議会を設置している。大鳴門橋の観光利用を促進し、大勢の外国人観光客に紹介することで運動を後押しする狙いもある。

南あわじ市内部では、短区間のトロッコ列車運行、遊歩道の設置など楽しみながら橋上から渦潮見物できる施設を求める声が出ている。守本憲弘市長は国土交通省を訪れ、構想を伝えたほか、井戸知事とも会合で意見交換した。

だが鳴門海峡は風が強く、新たな構造物の設置が強度に影響することも考えられる。南あわじ市は今後、橋を管理する本州四国連絡高速道路や、既に渦の道を設置した徳島県などと意見交換したい考え。さらに、採算面の検討を進めるとともに、設置後の運営方式などについて周辺自治体や民間団体と協議することも視野に入れている。

南あわじ市ふるさと創生課は「現在はまだ構想段階だが、大鳴門橋に新しい観光施設ができれば人の往来がより活発になる。地元の観光振興だけでなく、鳴門海峡の世界遺産登録にも追い風になるのではないか」と意欲を見せた。

徳島県側の渦の道は16年間で来場者1000万人

大鳴門橋は橋長1629メートル、中央径間876メートル、主塔の高さ144.3メートル。本州と四国を結ぶ3ルートの1つになる神戸淡路鳴門自動車道として使用が始まり、関西と四国を結ぶ幹線道路として利用されている。開通当時は東洋一の吊り橋だった。

本四高速によると、1日平均の通行台数は2016年度で2万4820台。このところ緩やかな増加を続けており、2016年度も前年度を2%上回った。本四連絡橋別の通行台数では、岡山県と香川県を結ぶ瀬戸大橋の2万2002台をしのぎ、明石海峡大橋の3万6600台に次ぐ。

明石海峡大橋が道路単独橋として開通したあと、四国新幹線を通すルートとして淡路島と和歌山県を結ぶ紀淡海峡トンネル構想が浮上した。しかし、建設にばく大な予算がかかるうえ、四国方面に投資が集中することを批判する声もあり、調査がストップしている。

四国4県や経済界は紀淡海峡トンネル建設による四国新幹線整備を望んでいるが、着工のめどが立たない状態。南あわじ市の構想は当面、使用予定のない大鳴門橋下部を有効活用する狙いもある。

徳島県は徳島側の大鳴門橋下部に2000年、渦の道を建設してひと足早く観光利用を進めている。渦の道は延長450メートル。遊歩道を通って展望台から45メートル下の渦潮を眺めることができる施設だ。

徳島県の集計では、2016年には開館以来、16年で来場者1000万人を突破した。2017年夏(7月1日~8月27日)も、前年同期比2179人増の12万960人が来場している。

人口減少対策で観光による交流人口拡大に活路

淡路島は鳴門の渦潮以外にも、洲本温泉やファームパーク、明石海峡公園、淡路ワールドパーク、休暇村南淡路など観光地が点在する。沼島など海水浴客や釣り人に好まれるスポットも多く、「京阪神の奥座敷」と呼ばれている。

兵庫県によると、2015年度の淡路島への観光入込客は1万3723人。「淡路花博2015花みどりフェア」が開催されたこともあり、前年度を7.9%上回った。しかし、大阪や京都を訪れる外国人観光客を十分に引き寄せているとはいえないのが現状だ。

兵庫県洲本市の洲本港と大阪府岬町の深日港を結ぶ高速船が6月から試験運行しているほか、7月からは洲本港と関西空港間の高速船が就航した。外国人をはじめとする観光客の受け入れ整備は徐々に進んでいる。

淡路島3市の人口は2015年国勢調査で南あわじ市4万6912人、洲本市4万4258人、淡路市4万3977人。3市とも2010年の国勢調査に比べ、2000~3000人の減少が続き、観光振興による交流人口の拡大に期待をかけている。

徳島県は淡路側に観光施設が生まれると相乗効果で観光客の増加が期待できるとして、構想に注目している。一方、兵庫県淡路県民局の担当者は「構想段階なので県として具体的なコメントを出すのは早いと思うが、個人的には鳴門海峡の観光振興に期待している」と語った。

高田泰 政治ジャーナリスト この筆者の 記事一覧
関西学院大卒。地方新聞社で文化部、社会部、政経部記者を歴任したあと、編集委員として年間企画記事、子供新聞などを担当。2015年に独立し、フリージャーナリストとしてウェブニュースサイトなどで執筆中。マンション管理士としても活動している。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)