官民一体となって進めている賃上げであるが、その効果を実感できる人が増加している可能性がある。千趣会 <8165> の運営するベルメゾン生活スタイル研究所が8月28日に発表した「女性の生活意識アンケート調査」によると、配偶者の給料が「増えた」との回答が、調査開始の2012年6月以降で最高の水準となった。ただ、調査を読み解いていくと、手離しでは喜べないリアルな声も多くある事が分かる。

配偶者の収入 「増加」が「減少」を初めて上回る

夫,収入
(写真=PIXTA)

女性の生活実感や景況感、節約や節約意識について調べた同調査は2012年6月から半年に1回行われている。今回で11回目となり、6月8日~22日にかけてインターネット上で行われ、30~50代の女性2391名から回答を得た。

世帯収入について聞いたところ、27.7%が「増えた」と回答しており、前回調査から3.5ポイントの増加となった。「減った」と答えた人は27.1%で前回調査から3.6ポイント減少しており、調査開始以来、初めて「増えた」と答えた人が「減った」と答えた人を上回った。

配偶者の給料については、「昨年よりとても増えた」(1.5%)、「昨年より少し増えた」(29.1%)の合計は30.6%となり、増えた人と答えた人は前回調査より2.2ポイントの増加であった。一方、「昨年よりとても減った」(5.4%)、「昨年より少し減った」(13.5%)の合計は18.9%となり、減った人は前回調査から2.7ポイント減少した。「増えた」と答えた人の割合は、調査開始以来、最も高くなる一方、「減った」と答えた人の割合は最も低くなっている。

今回の調査では、世帯収入や配偶者の収入について、過去6年で最も増加を実感している女性が多いという事が分かった。企業業績の改善や官民一体となって進めている賃上げの効果が、家庭にも広がりつつある事が窺える。

配偶者の収入に4割が不満 自身の収入への不満は半数超え

配偶者の収入の増加を実感する人は徐々に増えているものの、現在の所得水準に満足していない人もまだ多いようである。配偶者の所得・収入に満足できている人は、「とても そう思う」(5.5%)、「わりとそう思う」(25.9%)を合わせた31.4%であった。前回調査からは1.7ポイントの増加であり、調査開始以来、最高となる。一方で、満足できていない人は、「あまりそう思わない」(21.9%)、「全くそう思わない」(17.2%)の合計の39.1%に上った。前回調査からは3.0ポイント減少し、調査開始以来の最低を記録したものの、配偶者の所得に満足できていない人は、全体の4割近くもいるという結果となった。

年代別に見ると、30代と50代では前回調査と比べ、「満足している」人の増加と、「満足していない人」の減少が見られた。一方で、40代では「満足している」人は前回調査から3.1ポイントの減少、「満足していない」人は1.3ポイントの増加となっている。子ども教育資金や住宅ローン等、何かとお金のかかる40代においては、現在の配偶者の収入に不満を持つ人が増加しつつあるようだ。

また、自身の収入について聞いたところ、現在の所得・収入に満足できている人は、16.7%となり、前回調査か0.5ポイント減少した。満足できていない人は56.4%と、前回調査から1.0ポイント減少したものの、半数を超える結果となった。配偶者の収入以上に、自身の収入に不満を抱く女性が多い事が分かった。

収入の増加を感じる人は増加しているものの、現在の収入水準に満足感を得ている人は多くないようだ。同調査では「現状の自分は幸せ」と思っている女性の割合も調べているが、結果は調査開始以来、最も低い67.3%に留まっている。給与水準の上昇を実感する人が増加している事はポジティブであるが、幸福感は置き去りとなっているケースも多いようである。賃上げの継続も重要であるが、幸福感を高める為に何ができるかを社会全体で考える必要もあろう。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
「従業員からの支持率が高いCEOランキング」
世界の15歳調査、お金のリテラシーが一番あるのは「中国」
トップ企業は時給7000円超 「上場企業の時給ランキング2017」
「長く快適に働ける」企業トップ20 1位の企業「転職は厳しい」の声も
お金を稼ぐには地理を学べ 代ゼミの名物地理講師が説く「経済を地理から学ぶべき」理由