金融庁と日経、Fintech協会によるFinTechをテーマにしたスタートアップイベント、フィンサム・ウィーク(FIN/SUM WEEK)が9月19日に開幕、22日まで東京・丸の内、大手町一帯で開かれている。

これまでを振り返ると、三菱UFJフィナンシャル・グループの平野信行社長が19日に講演、国内の事務作業の自動化やデジタル化を進めることで「9500人相当の労働量の削減を実現したい」と述べたほか、みずほフィナンシャルグループの山田大介常務が20日に登壇、円と等価交換できる仮想通貨「Jコイン(仮称)」創設の考えを表明している。

メガバンクグループに限らず、省庁やスタートアップ、ベンチャーキャピタル、シンクタンクの有識者らが出席、最新の事例を紹介したり課題・問題点に関する議論を披露したりしている。特にAI・人工知能に関連して行われたセッションを中心にイベントの内容を一部紹介する。(取材:濱田 優 ZUU online編集長)

AIを活用した資産運用支援はどうなる?

20日も、丸ビルほかで複数の施設で多数のセッションが行われた。一例を挙げると、パネルディスカッション「世界のフィンテック投資動向」、「ICOの実力 REAL POWER OF ICO」、ワークショップ「誰がために金のデータはあるオープンバンク、API、データポータビリティが作るこれからの社会」「AI X FINTECH ~ AI予測の最適利用と実務」「AIでバリューチェーン、お金の動きが変わる」などだ。

このうち「AI X FINTECH ~ AI予測の最適利用と実務」には、和泉潔・東京大学大学院 教授や荻野調Zaisan Net代表がそれぞれ登壇した。

財産ネットの荻野氏
財産ネットの荻野氏(写真=ZUU online編集部)

和泉教授は「人工知能技術を用いた金融テキストマイニングの紹介」と題して、金融テキストマイニングがどう行われているのか、技術的な枠組みや限界などについて紹介。AIによる資産運用支援の方向性として、AIは状況変化が少ない目先の予測は得意だが、マクロ・長期的な経済環境・状況は人間が予測する「人間とAIの混合」という形を提示。「ヒューマノイド型ではなくパワードスーツ型」であり、「人間対AIではなく、人間対人間&AI(の競争)となる」ことを示唆した。

荻野氏が代表を務める財産ネットはビッグデータ解析、統計分析、AIを中心とした最適化学習から、週間株価予報まで現実化し、自然言語認識可能なAIチャットボットを開発販売している。荻野氏はAIを活用した金融予測でよくある間違いとして、「AIを使ってランダムウォークからランダムウォークをつくっている」ことを指摘。データを入れればそれなりの解析結果が出てきて“見せかけの回帰”を作ることができるがそこには意味はないことから、AIを活用した予測に取り組もうと一度は他社に依頼した企業から、精度や使途に困って「(財産ネットが)二社目として」相談を受けることが多いと述べた。

APIに関する議論も行われた

本村、三部、山田の3氏
(左から)本村、三部、山田の3氏(写真=ZUU online編集部)

「AIでバリューチェーン、お金の動きが変わる」はNEC主催のワークショップ。楽天証券のフィンテックセクションヘッドである山田達也氏が、楽天市場での売買状況が株価の動向に相関するかといった研究の可能性について述べ、弁護士の三部裕幸氏(渥美坂井法律事務所・外国法共同事業パートナー)に法律的に問題があるかどうか質問。

AIやIoT分野について詳しい三部氏はデータベースレンディングが行われつつある実態に触れ、そうした取り組みをすることが金融機関にとって重要であるとしたうえで、(売買状況などから得られるものの中には)個人情報にあたらないものも多いが、得られる情報によってはインサイダーに関係するものもあるので、その点の留意は必要--などと述べた。

同ワークショップには本村陽一・産業技術総合研究所人工知能研究センター首席研究員も出席、研究の一端を「人と相互理解できる人工知能技術」と題して紹介した。モデレーターはNECの本橋洋介氏(AI・アナリティクス事業開発本部シニアエキスパート)が務めた。

金融庁,日経,イベント,レポート,フィンテック ,AI
APIに関するセッションで意見を述べるマクダット氏ら(中央、マイクを持つ人物)(写真=ZUU online編集部)

また「誰がために金のデータはあるオープンバンク、API、データポータビリティが作るこれからの社会」には、マネーツリーのマーク・マクダット常務(Fintech協会理事)や、大久保光伸・みずほFGシニアデジタルストラテジスト、渥美坂井法律事務所の落合孝文弁護士らが登壇、APIに関する議論の状況などを紹介した。会場から「APIの利用に関して接続料をとるという話があるが、どうなのか」といった質問が突然寄せられるなど、実践的な内容だった。

メルカリ、バンクの社長や麻生財務相、小池知事らが登壇 21日・22日

21日には「大手金融機関の担当者、本音トーク!~これでいいのか、日本のフィンテック~」が行われる。

これには前出の大久保光伸氏(みずほFG)、寺東宏城氏(野村ホールディングス 金融イノベーション推進支援室 弁護士)、平手佑季氏(三井住友フィナンシャルグループ ITイノベーション推進部部長代理)、藤井達人氏(MUFGデジタル企画部プリンシパルアナリスト)、吉本憲文氏(住信SBIネット銀行 FinTech事業企画部長)が登壇する予定。モデレーターに小川久範氏(みずほ証券 戦略調査部ディレクター)を迎えて行われるトークは、日本のフィンテック事情に精通したメンバーぞろいだけに注目だ。

このほかにも21日は「ブロックチェーン 変革への助走」と題したパネルディスカッションに佐藤康博・みずほFG社長が登壇。閉会あいさつを麻生太郎副首相・財務相・金融担当相が述べる。

最終日の22日は小池百合子都知事があいさつするほか、パネルディスカッション「BREAKING BARRIERS: BUILDING THE NEXT ROUND OF JAPANESE UNICORNS」が行われ、メルカリの小泉文明社長、メタップス佐藤航陽社長、バンク光本勇介代表、インフキュリオン・グループ代表の丸山弘毅Finteh協会代表理事が登壇する。

詳細は FIN/SUM公式サイト で確認できる。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)