旅行代理店大手のエイチ・アイ・エス(H.I.S.) <9603> が店頭決済に導入をスタートさせたり、テレビのコマーシャルでも見かけたりと、仮想通貨ビッドコインが市場で浸透しつつある。

夏場以降、荒い値動きを繰り広げているビットコインに対し、欧州中央銀行(ECB)のコンスタンシオ副総裁は、「ビットコインはチューリップのようなもので、儲けたい人のための投機手段で、通貨ではない」と述べ、17世紀にオランダで発生したチューリップの球根バブルを引き合いに出し、仮想通貨の躍進による中央銀行の立場が脅かされる懸念を払しょくした。

副総裁が持ち出した球根バブルとは一体どのようなものだったのか。過去の教訓から仮想通貨との付き合い方にいかせる教訓は何か。

ビットコイン 17年は5倍の値上がり

球根バブル,ビットコイン
(写真=PIXTA)

ECBの副総裁が何世紀も前の球根バブルを引き出して語るほど、ビッドコインの値動きは激しい。2017年初は1ビットコイン(BTC)=1000ドル前後の水準だったが、6月には3000ドルを突破。その後、一旦は値下がりをみせたものの、7月以降、再び上昇ピッチが加速し、9月には5000ドルに迫る水準まで高騰した。

飛ぶ鳥を落とす勢いで値上がりをみせていたビットコインだが、中国が仮想通貨に対する規制を強化し、同国内の3大取引所がすべて閉鎖することになり、その影響からビットコインは9月半ばには3000ドル台まで下落した。

いまだ語り継がれる400年近く前のバブル

ビットコインの激しい値動きが回想させるチューリップの球根バブルは、16世紀にオスマン・トルコから球根が持ち込まれたことから始まる。いまや、風車と並び、オランダの象徴ともいえるチューリップだが、もとは異国から持ち込まれたものだった。

当時は、スペインとの独立戦争が収束に向かい、オランダの東インド会社がインドネシアへの植民地開発を進めて本国に利益をもたらし、オランダ共和国の所得水準はヨーロッパでも最高水準となり、人々の消費が旺盛になっていった。

こうした時代背景の中で登場したのがチューリップだった。富の象徴とされたチューリップを収集家たちは、花の色や花びらの模様などで分類し、最も価値があるとされた「センペル・アウグストゥス」は、花びらの紫の縞模様があり、このチューリップ1本に、アムステルダムに家が購入できるほどの値段がついた。

チューリップは、球根にウィルスが感染することで突然変異を起こし、花びらの美しい模様が現れる。当時は、このウィルスによるメカニズムが解明されていなかったため、花の模様に対する不確実性がバブルを助長させた側面もあった。