世界経済フォーラム(WEF)の「国際競争力ランキング」が発表され、日本が8位から9位 に順位を下げたことが分かった。

総体的に順位の入れ替えが目立ち、ほかにもシンガポール、英国、スウェーデンなどが後退した一方で、米国、香港、イスラエルなどが順位を上げた。

最も国際競争力が高い20カ国・地域

国際競争力ランキング,世界経済フォーラム
(写真=Thinkstock/Getty Images)

20位 ベルギー(昨年17位、以下同)

19位 ルクセンブルク(20位)
18位 オーストリア(19位)
17位 アラブ首長国連邦(16位)
16位 イスラエル(24位)
15位 台湾、中国 (14位)
14位 カナダ(15位)
13位 ニュージーランド(13位)
12位 ノルウェー(11位)

10位 フィンランド(10位)
9位 日本(8位)
8位 英国(7位)
7位 スウェーデン(6位)
6位 香港SAR( 9位)
5位 ドイツ(5位)
4位 オランダ(4位)
3位 シンガポール(2位)
2位 米国(3位)
1位 スイス(1位)

米国、香港、オーストリアなどがランクアップ

このランキングがWEFが毎年、インフラ・労働市場・ビジネス・教育・政治・経済など、12の評価項目に基づき、世界137カ国・地域の国際競争力を測定しているもの。

首位は9年連続でスイスが死守。インフラ、マイクロ経済環境、教育、労働市場の効率性、イノベーションなど、ほとんどの項目で高評価を得ている。

日本は市場規模や教育、インフラでは優秀だが、マイクロ経済環境が最大の弱点のようだ。また労働法規の制限、税率、イノベーション能力不足などが、今後の改善点として挙げられている。

政権交代後、米国がシンガポールを追い越しているのが興味深い。イスラエルは大幅に順位を上げてトップ20入りを果たした。香港も着実に勢力を伸ばしている。

欧州でも勢力の微妙な変化が感じられる。オランダやドイツ、フィンランドが順位不動であったのに対し、スウェーデンやノルウェー、そしてBrexitの影響が強い英国は後退した。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
株初心者はどこで口座開設してる?ネット証券ランキング(PR)