金融庁はFXの証拠金倍率(レバレッジ)を現在の最大25倍から来年にも最大10倍程度に引き下げる検討に入ったと、9月27日付けの日本経済新聞電子版が報じた。為替相場が急変した場合、投資家の想定を超える損失を抱えるリスクが高まっているという判断のようだ。

FXを初めて取引する場合、証拠金取引をよく理解せずに25倍のレバレッジで取引してしまう可能性が全くないわけではないだろう。不測の事態が発生した場合、為替相場に限らず価格が変動する金融商品の価格が急激に変動することはよくあることだ。ここでは、FX取引のレバレッジについて解説していこう。

FX(外国為替証拠金取引)とは 外貨投資から理解

FX取引,レバレッジ
(写真=PIXTA)

外貨投資とは文字通り、外貨建ての金融商品に投資すること。投資できる通貨には、米ドルやユーロといった主要通貨をはじめ、英ポンドやカナダドル、豪ドルやNZドルなどがあり種類も豊富だ。

日本では2016年2月からマイナス金利政策が導入されて以降、未曽有の低金利の状態が続いている。普通預金金利は0.001%とまで低下し、ゼロに等しい状況だ。一方、世界経済のカギを握る米国では、米連邦準備委員会(FRB)が10月から量的緩和政策を終え、保有資産を縮小することを決定した。海外の金融商品に目を向けると、金利が0.2%程度から6%を超えるものまで様々あり、高金利を魅力的に感じた人も多いのではないだろうか。

外貨建て金融商品の一つに、FX(外国為替証拠金取引)がある。FXとは、円を売って米ドルやユーロを買うなど、外国通貨を売買する取引のことである。利益を得る方法としては、為替の変動幅で利益を得る方法と、通貨の金利差(スワップポイント)で利益を得る方法がある。

取引方法としては、証拠金取引であるため、割安な通貨を買う「買い」の取引と、割高な通貨を売る「売り」の取引法が利用できる。一般的な外貨投資では、その金融商品を買い、利益を確定する=売る取引しかできない。

例えば、外貨預金の場合には、外貨を購入した価格より値下がり(=円高になる)すれば、損失が発生することになる。しかし、証拠金取引では「売り」からの取引を行うことができる。そのため、値下がり(円高になる)が予測される場合にはその通貨を売ることで利益を得ることができる。