なめらかなお金がめぐる社会。あるいは、なぜあなたは小さな経済圏で生きるべきなのか、ということ。
著者:家入 一真
出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン
発売日:2017/8/26
価格:1620円(紙版、税込み)

市場では寡占化が進んでいる。2017年9月4日付の日本経済新聞によると米アップルを含むトップIT企業5社の手元資金は約62兆円(2017年6月末時点)で、日本の2016年度の国家税収約55兆円を超えているという。

格差を拡大させる資本主義で、生きづらさを感じる人が増えている。本書ではそのような人が幸せに生きるためにはどうしたらよいかを述べている。

著者はインターネット上で不特定多数から出資を募るクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」(キャンプファイヤー)の代表取締役を務める家入氏。同氏は株式会社paperboy&co. を創業し、29歳でジャスダック市場に当時最年少で上場を果たした経験を持つ。

行き過ぎた資本主義?

書評,資本主義,スタートアップ
(画像=Webサイトより ※クリックするとAmazonに飛びます)

例えば自動車、まだ乗れるにも関わらず、大企業が多額の広告費をかけて、消費者の購買意欲を刺激し買い替えを促す。著者はかつての高度経済成長期のように「大きいことは良いことだ」と規模の拡大を目指す、既存の経済の仕組みを「大きな経済圏」と呼ぶ。

著者は「大きな経済圏」を否定せず、むしろ資本主義の本質であると捉える。しかし、現代のような「行き過ぎた資本主義」に価値を見いだせず、生きづらさを感じる人が幸せに生きるためには、後述する「小さな経済圏」が充実することが必要だと主張する。

「小さな経済圏」とは

著者は「個人や地域レベルで小さなつながりを持ち、支え合っているコミュニティ」を

「小さな経済圏」と呼ぶ。個人の大小は関係なく、例えば50人のフォロワーしかいない人でも、そのうち数人が何らかの価値を感じお金を払ってもいいと感じた場合、そこに小さな経済圏ができるという。

例えば、編み物が得意な人が、思いやこだわりをインターネットで発信して出資を募り、作品を制作し、出資者に送ったりするイメージだ。

「小さな経済圏」では企業や銀行を通さず、個人が個人に共感することで直接つながり、お金が回っていく。著者はそこでカギを握るのが、クラウドファンディングだと主張する。

詳細は本書に譲るが、著者はクラウドファンディングをより一層普及させるべく、様々な改革を行っている。また、クラウドファンディング以外にも「小さな経済圏」で生きることを助ける試みが紹介されている。読了後は幸せに生きるための選択肢が一つではないことに気付くだろう。