ABCラジオ【笑ってトクするマネークリニック】 特集「保険」 専門家たちの金言 広告特集「ライツ・オファリング」 特集「仮想通貨/ビットコイン」 特集AI 人口知能がもたらす禍福 特集「本を読む。」 DC特集
投資を始める
Written by ZUU online編集部 5,287記事

向いているのはどんな人?

「つみたてNISA」口座開設開始 NISAと迷っている方へのアドバイス

2018年1月から「つみたてNISA」がスタートする。長期投資による資産形成を日本に定着させたいと考える、森 金融庁長官の肝入りの制度だ。

しかし、現行のNISA(少額投資非課税制度)との違いが分かりにくいとの声も多い。つみたてNISAとはどのような制度で、どのような人に向いているのだろうか。

つみたてNISAとは?

つみたてNISA
(写真=PIXTA)

つみたてNISAは、分配金や運用益が非課税であることは現行のNISAと同じだが、継続的に少額ずつ買い付ける「積み立て」を前提にした制度という点が大きく異る。また、非課税となる期間が最長20年と長期に渡ることが特徴的だ。

投資の流れはこうだ。まず、つみたてNISAの口座を開設する。次に購入する商品を選択し、毎月積み立てる掛金を設定すれば、その後は自動的に口座から引き落とされる。掛金の金額や投資商品の見直しはいつでも可能なので、運用状況や投資枠を見ながら調整すると良い。

従来のNISAとの比較

つみたてNISAは現行のNISAとは取引方法や対象商品に違いがある。

まず従来のNISAの制度内容は以下となっている。

【NISAの制度内容】

●非課税投資枠 :120万円/年
●非課税期間  :最長5年間
●口座開設期間 :2023年まで
●対象商品   :上場株式、投資信託、ETF等多数
●保有商品の移行:可

一方、つみたてNISAの制度内容は以下となっている。

【つみたてNISAの制度内容】

●非課税投資枠 :40万円/年
●非課税期間  :最長20年間
●口座開設期間 :2037年まで
●対象商品   :手数料や資産規模等、一定要件を備えたもの
●保有商品の移行:不可

つみたてNISAのメリット・デメリット

つみたてNISAのメリットとデメリットを整理しよう。

まず、メリットに挙げられるのは以下の3つだ。

・銘柄選択に迷わない
・時間や投資対象を分散できる
・長期投資の効果を得やすい

つみたてNISAの対象商品は金融庁が定めた一定条件を満たす商品に限られる。一定の条件とは、長期・積立・分散投資といったつみたてNISA創設のポリシーに合致したものだ。そのため、長期でコツコツ資産形成をしたいと考えている人はつみたてNISAを選びさえすれば銘柄選択にそれほど手間を取られることはない。

自動的に分散投資ができることもポイントだ。毎月少額ずつの積み立てであるため、購入タイミングによる価格変動リスクが軽減される。また、対象商品が複数の株式や債券がミックスされた投資信託であるため、投資対象も分散できる。

最大のメリットが、非課税期間が20年と従来のNISAの4倍も長く設定されていることだ。20年間に値上がりした分の利益には税金がかからない。得た利益を出金せずに次の投資に回すことで、「複利の効果」も得られる。

一方、デメリットに挙げられるのは以下の3つだ。

・年間投資枠が少ない
・ロールオーバーができない
・現行NISAと併用できない

つみたてNISAの年間投資枠の上限は40万円となっている。月額にすると約3.3万円と少々物足りない。ただ、20年だと累計800万円になるので、長期的に見ればそれほど小さい額ではない。

従来のNISAでは、非課税期間の5年が過ぎた商品をまだ売りたくない場合、一般口座や次年度のNISA口座にロールオーバー(移管)することができる。それにより値上がりした部分は非課税のまま、更なる値上がりを目指すことができる。一方のつみたてNISAでは制度上、他の口座へのロールオーバーは認められていない。

注意点としては、現行NISAとの併用ができないこと。「年ごと」の選択制となっており、2018年分の非課税枠はつみたてNISAで、2019年の枠は現行NISAで投資を行うといった仕組みとなっている。制度が複雑になることから一本化が検討されているが、まだ議論はすすんでいない。

どのような商品に投資できるのか

つみたてNISAの対象商品はあらかじめ要件が決められている。共有要件として、信託期間が無期限または20年以上、分配金の頻度が1か月以下で毎月分配型は不可、デリバティブ取引などリスクの高い運用が行われていないこと、信託報酬等のコストが明確であること、最後に金融庁に対象商品の届け出を行うことが求められる。

対象商品は、2017年10月5日時点で106本(インデックス92本、アクティブ14本)である。すべて公募投資信託で、上場投資信託(ETF)は含まれていない。インデックス投信と呼ばれる安定性が高く少額で分散投資ができる商品がほとんどを占める。信託報酬が低めで資産残高が十分にあるものに限られるので、投機的な商品は一切見当たらない。

【金融庁:つみたてNISA対象商品届出一覧】
http://www.fsa.go.jp/policy/nisa/20170614-2/26.pdf

つみたてNISAに向いている人・向かない

つみたてNISAは現行のNISAと併用することはできないため、どちらにするか迷っている人は多い。しかし両者の特徴は比較的はっきり分かれている。

投資スタイルとして、アクティブ型よりはパッシブ型、ハイリスクよりはローリスク、短期よりは長期、まとまった金額を一気に投入するよりは少額ずつ積み立てたい、あまり投資に時間をかけたくない、銘柄選びが苦手といった人がつみたてNISAに向いている。

必ずもうかる投資方法は存在しないが、自身の目的や価値観に合った制度を選ぶようにしたい。(篠田わかな、フリーライター)

【あわせて読みたい 「つみたてNISA」記事】
「つみたてNISA、iDeCo、NISA」 効率が良い資金の置き場所はどこ?
「つみたてNISA」と「iDeCo」どっちがいいの? お悩みの方へ
1割しか知らない「つみたてNISA」の魅力
併用できない「つみたてNISA」と「NISA」 両者の違いとは?
「つみたてNISA」を賢く利用する秘訣とは? 30代、50代、60代のケースで解説

「つみたてNISA」口座開設開始 NISAと迷っている方へのアドバイス
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします
PREV 子どもの学費を投資で賄いたい!は危険な考え方?
NEXT 「つみたてNISA」と「iDeCo」どっちがいいの? お悩みの方へ