一般社団法人住宅生産団体連合会は、注文住宅取得の平均顧客像の調査を行い、その結果を公表した。調査によると、注文住宅取得の世帯主平均年齢は41歳で、世帯の平均年収は897万円となり、前年度より平均年収が29万円増加したが、自己資金額は平均1318万円で前年度調査より82万円減少した。

一方で住宅取得費用(建築費と土地代)の平均額は4755万円と3年連続で増加し、贈与額と借入金も増加していることから、住宅のグレードは落とさずに、自己資金での不足分を贈与や借入金で資金を補う傾向となりつつあるようだ。

全体平均の年収は増加傾向、都市圏別の平均年収は「西高東低」か?

住宅取得,世帯年収
(写真=Thinkstock/Getty Images)

調査は3大都市圏(東京、名古屋、大阪)と地方都市圏(札幌、仙台、広島、福岡、静岡)を対象に行い、有効回答数は4292件であった。注文住宅取得の世帯主平均年齢は41.0歳となり、前年度よりごくわずかに若年化、世帯人数の平均は3.43人であった。

世帯年収を見ると、全体平均では897万円となり、前年度は868万円であったため、29万円の増加となり、前々年度からは46万円の増加となった。大都市圏別に見ると東京圏の平均年収は934万円に対し、大阪圏の平均年収は979万円とここ数年は大阪圏が高い状況が続き、世帯年収の平均額は西高東低の傾向にあるようだ。

建築費は増加傾向 坪単価は約88万円