ある程度の資産を持っている人でも、家や車などの高額の商品を購入する場合、ローンを組む人が多い。資産があるのに余計な金利を払ってまでローンを組むのはなぜなのだろうか。一見すると非合理とも思える選択の理由を行動経済学の観点から見てみよう。

人は必ずしも合理的選択をしない

心理学,ノーベル経済学賞,メンタルアカウンティング
(写真=PIXTA)

スウェーデン王立科学アカデミーは10月9日、米シカゴ大のリチャード・セイラーにノーベル経済学賞を授与すると発表した。セイラーは、行動経済学の研究者で、消費などの経済行動がどのように決まるのかを、心理学と経済学の両面から分析した。

行動経済学については、既に2002年にダニエル・カーネマンがノーベル賞を受賞しているが、セイラーは、人々に必要な情報を提供すれば経済行動をより合理的な方向に変えられるという理論を提唱し、実際に欧米の公共政策に大きな影響を与えたことが評価された。

セイラーの著書は、日本でも和訳されて発行されており、『実践 行動経済学』(日経BP社 (2009年7月9日)、『セイラー教授の行動経済学入門』(ダイヤモンド社 2007年10月27日)、『行動経済学の逆襲』(早川書房 2016年7月22日)などがある。

従来の経済学は、情報は完全に共有され、人々は合理的選択をするという前提で考えられているが、行動経済学は、これに異議を唱えている。それは、実社会では情報の非対称性があり、人は必ずしも合理的選択をしないからだ。経済活動をするのは人間なのだから、心理的作用を考慮して経済学は考えなければならないとする。

人の心理的特性を利用して世の中を変える仕組みに応用

人間がいい加減な存在であるということは、誰でもわかっていることが、セイラーのすごいところは、そのいい加減な判断をする人間の選択行為を利用して世の中を良くする理論を組み立てたことにある。

具体例としては、企業年金について加入したい人が任意で申告するとしていた時は、加入率は伸び悩んでいたが、何もしなければ自動で企業年金に加入することとして、加入したくない人が申告するようにしたところ、加入率が急増したというのがある。

理論的には加入したい人が申告するのと、加入したくない人が申告するのとで違いはないはずだが、人は面倒なことを避けるという心理的特性があるので、その特性を利用して企業年金への加入者を増やしたのだ。

このように、心理的特性をテコにして人々によい行動を取らせることを「ナッジ(nudge)」という。この考えは、様々な分野で応用され始めているが、特に環境分野での利用が増えている。

たとえば、アイドリングストップ機能は、キャンセルしてもエンジン始動のたびにリセットされるようになっている。このことで、アイドリングストップ機能を使う人が増えると考えられる。また、空調などの温度設定も一定時間を経過すると自働的に節電温度になるように設定しておくことで過剰な冷暖房を抑止する効果がある。

同じお金でも……「給料は大切に使う」「あぶく銭は散財する」

セイラーは、この他「メンタルアカウンティング」という考えを提唱している。これは、「心の会計」、「心の家計簿」とも呼ばれる。人は金銭を使うときの意思決定において無意識に「家計費」や「娯楽費」というようにカテゴリーを分けており、カテゴリーごとに金銭の使い方に違いがあるという。

「あぶく銭は散財してもかまわない」が「給料は大切に使う」というように、お金の入手方法に応じて、お金を仕分けする心理傾向がある。たとえば、普段の生活では節約しているのに、旅行に行った際は気が大きくなりお金の使い方が荒くなるなどの経験は誰にでもあるのではないだろうか。

また、人は資産を保持していたいという欲求や多額の支出をすることに抵抗があるため、ある程度の資産を持っていても余計な金利コストを払ってローンを組んでしまうことがある。これは、「借金」と「貯蓄」は別のカテゴリーと考えているからである。資産運用の効果がローン金利を上回らない限り合理的な選択とは言えないが、多くの人が資産を持っていてもローンを組んでいる理由はそこにある。

もちろん、家計においてもある程度のキャッシュフローは大事なので、資産を全て使い切ることが必ずしも良いとは言えないが、資産に余裕があるのであれば、できるだけ頭金を入れるなどして金利を減らすことが合理的といえる。

この他、たとえば人はお財布にたくさんのお金が入っているとお金を多く使ってしまいがちなので、財布にはあまりお金を入れないとか、預金口座が1つだけだとそれを使ってしまうのでの、わざといくつもの預金口座に分散するなど、無駄な支出を減らすための行動経済学の応用がある。

以上のとおり、行動経済学は人の心を理解しながらそれをうまく活用する方法を提示してくれる。預金口座を分散することなどはすぐにでも実践できることなので、身の回りの生活を見直し、効果的なお金の使い方をしているか、この機会に一度再点検してみるのもいいのではないだろうか。(ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)