サラリーマンとして会社に勤めている人なら、仕事上の定年はいずれ到来する。その後の人生をどのように充実して過ごすか。日本人の寿命が伸びているいま、どう対処すればよいのかという不安を持つ人が多くいても不思議ではない。

あらゆる分野で先行きが不透明な時代に、何か指南本を求めたいと思う人もいるだろう。そうした人の心をとらえているのが中公新書の『定年後』である。

『定年後』
著者 : 楠木新
出版社 : 中央公論新社
発売日 : 2017年4月25日

定年後,老後
(画像=Webサイトより)

定年後、サラリーマンは「行き場」がなくなる

著者の楠木新氏は、サラリーマンの生き方や働く意味をテーマに取材、執筆活動に取り組むキャリアコンサルタントである。著書に『人事部は見ている。』『経理部は見ている。』(ともに日経プレミア新書)、『左遷論』(中公新書)などがある。

『定年後』は今年4月の発売以来、9月末現在でこれまで約22万部突破したベストセラーである。主に40代から60代前半の年代層を中心に幅広く読まれているというこの本は、楠木さん自身の経験がもとになっている部分も含まれる。

大手生命保険会社に勤めていた楠木さんは、47歳で会社生活に行き詰まり、体調を崩して長期休職した経験がある。急に会社に行かなくなると、書店と図書館とスーパー銭湯以外に足を運ぶところがなく、自分がいかに会社にぶらさがっていたかを感じた――と本書で心情を吐露している。定年後の人生を「予行演習」したことで、定年後の生き方に興味をもち、いろいろな人に話を聞いたことが本書の出発点になっている。

定年後の心配の本質は、組織を離れてしまうと仕事や仲間を失って孤立しかねないという孤独感である。会社一辺倒の人生を送っている傾向が強い日本のサラリーマンにとって会社という「行き場」がなくなるという喪失感が何より大きいのである。それは多くの人が共感するところであろう。

若い時の成功は定年後には持ち越せない

本書に特徴的なキーワードがある。「黄金の15年間」「人生後半戦が勝負」という言葉である。「黄金の15年間」というのは、60歳を定年の時期とすると、おおむね70歳半ばごろまでは誰の介助も受けずに過ごすことができ、家族の扶養義務もなくなって、自分の裁量で行動できる時間となる。この15年が人生後半戦を左右するという。

さらに本書は、会社で役職に就くなどしていても、若い時の成功や活躍は定年後には持ち越せずいったんゼロになり、そこからの新しい展開が待っていること。そして60歳で退職したとしても、その後の人生の時間は実に8万時間もあると指摘する。そうした時間をどう充実させるか。著者は「終わりよければすべてよし」を目指して行動すべきだと主張する。

本書では、著者が定年退職した人を取材したところ、イキイキしている人は必ずしも多くなく、実は自由になった時間をもてあまし、やることがなくて困っているという事例も多く紹介されている。著者自身の経験でもあるのだが、会社では名前を呼ばれていたのに、定年退職し、無所属の時間を過ごしていると誰も自分の名前を呼んでくれず、病院でしか呼んでくれないという笑えないエピソードも紹介されている。

定年後も社会につながるためのアドバイス2つ

こうした状況に陥らないように社会とつながりを保つにはどうすればよいのか。本書では主体的な意思や新たな生き方を見いだすために、50代から「定年後」を検討するのが妥当だと指摘する。それには、会社在職中の50代で何らかの形で走り出しておいたほうがいいというアドバイスである。

特に印象的なのは定年後も社会につながっているために、(1)何に取り組むにしても趣味の範囲にとどめないで、報酬をもらえることを考えるべき、(2)自分の向き不向きを見極め、自分の個性で勝負できるものに取り組む――という2つの助言である。

世の中で働く多くの人にとって必ずやってくる定年とその後の長い人生。それを充実したものにするために参考となる、多くの示唆に富む一冊である。(本郷 宏治、ジャーナリスト、書評ライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)