正露丸でおなじみの大幸薬品。パソコンのCPU製造のインテル。ドイツ高級車メーカーのBMW。一見、関係のなさそうな3企業だが、実は共通点がある。

最近、CMの音源が「商標登録」されたことだ。過去にも歌詞つきの音商標が登録されたことはあるが、歌詞のない、メロディー・ハーモニー・リズム・音色だけ(音楽的要素)の登録は初めてという。大幸薬品は、CMで使われている軍隊ラッパ音。インテル、BMWはCMで使われているサウンドロゴだが、記憶にあるだろうか?。

今までに登録された音商標

商標,法律
正露丸(画像=大幸薬品Webサイトより)

音商標は2015年4月1日から出願可能で、すでに多数登録されている。しかしこれまで登録された音商標は、すべて言葉あるいは歌詞ありメロディの音商標であった。

例えば、「ファイトイッパーツ」(大正製薬)、「おーいお茶」(伊藤園)、「ブルーレットおくだけ」(小林製薬)、「サッポロ一番」(サンヨー食品)、「はじめてのアコム」(アコム)などである。

「商標」は更新すれば永遠に権利が存続できるが、この場合、このメロディを自社製品の商標として使える権利(商標権)を独占できるだけである。

弁理士、ITコンサルタントの栗原潔氏がYahoo!個人で解説したところによると、正露丸のCMで使われている軍隊ラッパ音は、軍人経験のある音楽家須摩洋朔氏(2000年没)の作品(タイトル「食事」)だという。2015年4月1日(音商標受付開始日)にいち早く出願されたが、登録までに2年半もかかったが、これは匿名の第三者から情報提供あったからだという。

音以外にもある新しいタイプの商標

特許庁は各企業のブランド戦略を支援するため、今までの文字や図形だけでなく、音、動き、色彩のみからなる商標など新しいタイプの商標についても、2015年4月1日から出願を受け付けている。

2017年9月19日現在、商標の出願を受け付けた新しいタイプの商標は約1,600件あり、すでに登録は303件。内訳は、音172件、色彩2件、位置35件、動き83件、ホログラム11件である。ちなみに色彩のみの商標出願第一号はサロンパス(久光製薬)で、配色は上から順に青色49%、白2%、緑色49%だ。

海外に目をやると、米国には「匂い商標」というものもある。果たして日本でも今後新しい商標が出現するだろうか。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)