経済的な進歩ではなく生活の質の向上など、人間としての社会的進歩を評価した「社会進歩指数」 で、世界128カ国・地域中、日本は3ランク落ちて17位となった。先進国としては順位が高いとはいえないが、アジア圏では9位のオーストラリアに次ぐランク。1~3位がデンマーク、フィンランド、アイスランドとなるなど、上位には欧州が並んだ。

米国の非営利団体ソーシャル・プログレス・インペラティブが、「人間の基本的要求(健康・医療・安全など)」や「幸福の基盤(基本的知識や情報へのアクセスなど)」「機会(個人の権利や自由、選択など)」の3つの主要指針に基づいて評価した。GDPなどの経済指標を取り入れておらず、社会の進歩を測定している点が、ほかの幸福度や発展度を評価した指数と異なる。

社会的に進歩している20カ国・地域とスコア

生活,幸福,社会,ランキング
(写真=Thinkstock/Getty Images)

20位 ポルトガル 85.44
19位 フランス 85.92
18位 米国 86.43
17位 日本 86.44
16位 スペイン 86.96
15位 ベルギー 87.15
14位 オーストリア 87.98
13位 ドイツ 88.50
12位 英国 88.73
11位 アイルランド 88.91

9位 ニュージーランド 89.30
9位 オーストラリア 89.30
8位 スウェーデン 89.66
7位 オランダ 89.82
6位 カナダ 89.84
5位 スイス 90.10
3位 ノルウェー 90.27
3位 アイスランド 90.27
2位 フィンランド 90.53
1位 デンマーク 90.57

教育面で非常に進歩している日本 最大の弱点は包括性?

幸福度や生活の質を評価するランキングの常連国、デンマークやフィンランド、アイスランドが、ここでもトップ3に輝いた。自然に囲まれ、人々がゆったりと暮らしているイメージの強い国が上位に並んでいる。

アジア2位の日本は順位で分類すると「高い社会的進歩を遂げた国」となる。最大の強みは「基本的な情報へのアクセス(1位)」 で、中学校への進学率は100%、小学校への進学率は99.95%と非常に高い。「高等教育へのアクセス(7位)」「住まい(2位)」でも高評価を受けている。

しかし受け入れ体制などを示す「忍耐と包括性(32位)」が最大の弱点として指摘されている。特に「移民への寛大さ(88位)」や「同性愛者への偏見(55位)」が強い反面、「宗教(1位)」に対しては理解を示している。

また60歳の平均余命が世界一長い国でもあるが、自殺率が非常に低い(114位)のも特徴として挙げられている。

そのほか「個人の安全(11位)」「環境の質(19位)」「健康(20位)」「個人の自由と選択(21位)」など、改善すべき点も多数見受けられるものの、比較的バランスのとれた結果となった。(アレン・琴子、英国在住フリーランスライター)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)