「男女所得格差が大きい産業ランキング」が発表され、1位は金融・保険、2位は管理会社、3位は科学者などの専門職が選ばれた。

最も格差の大きい金融・保険産業では、女性の平均給与(4.8万ドル)は男性平均(8.2万ドル)の60.4%しかない。高所得が狙える産業だけにその差が非常に目立つ。

ランキングは米国国勢調査局が2016年に実施した調査に基づき、情報サイト「STACKER」が作成した。

男女所得格差が大きい20産業

所得格差,金融,平等賃金法
(写真=Thinkstock/Getty Images)

20位 建設 97.70%

19位 廃棄物管理支援 90.10%
18位 教育関連 86.90%
17位 採鉱・採石・原油およびガス採取 84.70%
16位 不動産 84.10%
15位 アート・エンターテイメント・娯楽 83.80%
14位 公益事業 83.00%
13位 小売・飲食 82.30%
12位 卸売 81.80%
11位 輸送・倉庫保管業 81.70%

10位 農業・林業・漁業・狩猟業 79.70%
9位 小売業 79.40%
8位 行政サービス 79.00%
7位 製造業 77.20%
6位 その他のサービス(行政以外)76.90%
5位 情報 76.90%
4位 医療ケア・福祉補助 71.50%
3位 専門・科学・技術サービス 67.40%
2位 企業・起業家管理 65.80%
1位 金融・保険 60.40%

「平等賃金法」成立から50年以上経過、成果は今ひとつ?