欲しい株式の株価が大きく値崩れしたときに、ついお買い得だと思ってしまったことのある人は多いことだろう。

かくいう筆者もかつて、爆上げしていた株が大幅下落した際に買いチャンスと思い込んで買ってしまった経験がある。しかし、実際にはそんな場面では、お買い得どころか「信じられないほど割高な状態」となっていることがしばしばある。

ここでは、お買い得とつい思ってしまうのはなぜか、そしてそれが実際には全くお買い得ではない理由を解説していきたい。

※ここでの話は主に個別株式に関する話であり、株価指数に関するものではない点に注意していただきたい

つい「お買い得」だと思ってしまうのはどうして?

投資,危険,割安株
(写真=PIXTA)

お買い得だと思ってしまうのは高くて手が出ないと思っていた株価が下がるからだ。例えば、どうしても欲しいが値段が高くて買えない5万円のジャケットが、半額の2万5000円になっていたらお買い得だと思ってつい買ってしまうこともあるだろう。

これは、株でも全く同じことが言えて、高すぎる株が値段を下げて、20%、30%、50%と安くなると、それだけお買い得だと思ってしまう投資家は多いのだ。

この判断は業績を使った投資判断とは全く無関係なところにあり、むしろ投資家心理に基づく判断によるものといえる。投資判断をするのは人間のため、過去の高値を基準にして主観的にお買い得水準を決定してしまうのである。

本来であれば、この主観的な判断をできるだけ排除するため、割安・割高を判断することのできる「割安指標」を使うのがよしとされるのだが、実はPERは割高株を見抜くためには使えない場合もある。

株式市場を眺めてみると、PERが40倍、50倍でも株価を伸ばしている企業はたくさんあり、逆にPERが10倍以下でも株価は低空飛行を続ける企業もあるのが現実だ(一般にPER数値は15倍程度が適正と言われている)。

株価が暴落すると「割安」でなく「危険」になる

PER数値では判断できない株価の危険度は「需給を読むこと」で解決できる場合がある。需給を読むとはその株を欲しい人が多いのか少ないのかを状況から見通すことだ。

高い値段の付いていた株が大きく下落したということは、それだけ売り注文が多かったということであり、なんらかの理由で多くの投資家が株を売ったということだ(または買い手が少なくなっている)。

つまりは上昇トレンドの時には圧倒的に買い手の多かった株式が、一転して売り手側が多く買い手が少ない「危険株」へと様変わりしている状態だといえる。

そしてこれは株価の下落率(幅)が大きければ大きいほど、売り手の力が強くその株は危険であることを示している。

ほんとうに危険なのは、上昇トレンドにある株価が20%,30%,50%引きになってしまうような暴落が生じた時なのだという認識でいると株式市場においては大やけどをせずに済む。

有名な株価の動きのサイクルにもあるように

株価が上昇の波を作るときには段階的に「賢い投資家→並みの投資家→愚かな投資家」という有名なサイクルがあるのはよく知られている(詳しくはダウ理論参照)。

まず誰もが気がつかないうちに先行して株を買い始める賢い投資家がいて、次に株価が上昇を始めると同時に株を買い始める並みの投資家がいる。最後に株価がすっかりと上がり終わり、魅力がなくなった時点で株を買う愚かな投資家がいるというものだ。

実際、株式投資の世界では一部の勝ち組投資家とその他大勢の負け組投資家で成り立っていると言われている。どんな株であっても多かれすくなかれ上記のサイクルで株価の上昇が起こっている。

上昇銘柄に起こる大幅な値下げはむしろ、先行投資家たちの株の売りによって作り出されたものである可能性が高いということはおおいに考えられることだろう。

お買い得水準は高い山の頂上付近であることも……

上昇トレンドにおける一時的な下落において買う投資の仕方は押し目買いと呼ばれることもある。

確かに自然調整的な売りの場合、上昇トレンドにおいては買い場である場合が多い。しかし、上昇トレンドを大きく崩す下落の場合には、押し目買いが通じず、むしろ下落開始のスイッチであることもある。

株式市場における「お買い得」という思い込みには要注意。特にこれから株式投資を始めようという方は、注意してもらいたいものだ。

谷山歩(たにやま あゆみ)
早稲田大学法学部を卒業後、証券会社にてディーリング業務に従事。Yahoo!ファイナンスにてコラムニストとしても活動。日経BP社の「日本の億万投資家名鑑」などでも掲載されるなど個人投資家としても活動中。個人ブログ「 インカムライフ.com 」。著書に「 超優待投資・草食編 」がある。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)