今年もボジョレー・ヌーボーの解禁日を迎えた。今年の出来はかなりいい仕上がりだと評判だ。当日、日本中で多くのボトルが抜栓されることだろう。ワインには高級ワイン市場があり、富裕層の投資対象としても人気がある。ワインは世界景気が好調な時に高騰すると言われる。高級ワイン市場のパフォーマンスはどうだろう?

今年のボジョレーは期待が高かかった

ワイン投資,オルタナティブ投資,ボジョレー
(画像=PIXTA)

ボジョレーはフランス南東部のワインで有名なブルゴーニュ地方の最南端に位置しているワインの生産地だ。ヌーボーとは新酒のこと。その年に収穫したブドウで作ったボジョレー地区の赤ワインをボジョレー・ヌーボーと言うことを知らない人は少ないだろう。

その年に出来たブドウの収穫を祝い、その年のブドウの味の品評をするための「初物」ワインとして人気がある。解禁日は毎年11月の第3木曜日と決まっており、今年は11月16日だ。15日未明にカウントダウンを始め、16日の午前0時とともに乾杯するイベントが各地で開催されるはずだ。

時差の関係で日本は世界で最も早くボジョレー・ヌーボーが飲める国となっており、日本人が「初物」やイベントが好きなこともあって、ボジョレー・ヌーボーの生産量の約半分が日本で消費されるとも言われている。

今年のヌーボーの味はどうだろう?ワインの味の基本はブドウの出来で決まる。ボジョレー・ヌーボーが美味しい年のワインはヴィンテージになることが多い。

キリンの「ヌーヴォー2017」のサイトでボジョレー地区のブドウの生育状況が毎月報告されている。10月の報告では「収穫直前に雨が少量降ったおかげで、ブドウの成熟は完璧な状態になりました」「仕込み途中のワインはすでに輝きのある美しい色合いとなっており、理想的な凝縮感のアロマを見ることができます。ほどよい酸味と十分な糖度から、赤い果実を思わせるフレッシュな香りと上品なタンニンがある、まろやかな味わいになるのではないか」とある。ワイン専門店のエノテカのサイトでは「今世紀最高と称された2015年を思い起こさせる。しかも一層はつらつとしていて、優美さという点でもレベルが高い」としている。

ワイナリーや販売元としては、「今年の出来は良くない」とは営業上言えないので、解禁前には毎年同じような期待感が高まるコメントが流れることが多い。いすれにしても、ワイン好きには待ちに待ったイベントだ。

高級ワイン市場はリーマンショックの影響を受けず

ボジョレー・ヌーボーとは対極に位置するワインとして投資の為の高級ワイン市場がある。ワインは嗜好品であるため、その価格は世界景気との連動性が高いと言われている。

ワイン市場の指数としてよく使われるのが「Liv-ex 100 ファイン・ワイン・インデックス」だ。ロンドン国際ワイン取引所の代表的な100銘柄の価格を元に毎月末に算出した指数である。現在の構成銘柄のほとんどが、シャトー・ラフィット・ロートシルトやシャトウ・ラトゥールやシャトー・ペトリュスのなどのボルドーのヴィンテージが占めているが、バーガンディのロマネコンティ12年、シャンパーニュではモエ・エ・シャンドンのドンペリニヨン06年、米国産でもオーパスワンの12年など世界的に銘柄が選ばれている。ワイン好きなら銘柄をチェックしたくなることだろう。

100 ファイン・ワイン・インデックスは、01年から05年後半まで100を挟んで推移していたが、06年から急騰しはじめ11年には364まで上昇し、5年で3倍以上になった。

株や債券と言った主要アセットは08年から09年にかけてリーマンショックで大きく下げた。ワイン・インデックスはその影響をほとんど受けなかったことで、富裕層からは分散投資の為のオルタナティブ(代替投資)として好まれるようになった。

そもそも嗜好品市場は好きな人が投資する事が多い。有価証券市場のように流動性が高い必要はなく、世界中にどこかに好景気なところがあり、ワイン好きの富裕層がいれば市場は回る。

2010年にロマネコンティが最高値で落札

10年に香港で開催されたサザビーズのワインオークションでロマネコンティの114本セットが約1億8000万円で落札された。ワインとしてはオークション市場最高の落札値だった。

ワイン市場を押し上げたのは、中国などアジアのバイヤーだった。オークションが香港で開催されること自体がアジアでの需要の高まりに応じたものだろう。

100ファイン・ワイン・インデックスは11年の364を付けた後、12年から14年にかけては中国人の爆買いが一服し在庫過剰となり、14年7月には一旦約234まで下げた。高値からは36%の下落だった。ただ同期間の上海総合株指数も同程度の下げだったので特にワイン市場だけが崩れた訳ではない。下方硬直性もありそうだ。

その後15年11月の237を直近のボトムに再上昇に転じ17年10月には309まで回復した。約2年で3割の上げで2011年以来6年ぶりの高値となっている。今年の上昇率は3.9%、過去1年では6.0%、過去5年では19.5%のパフォーマンスだ。アジアの投資家が市場に戻ってきたことで堅調な値動きになっている。

もしワインが好きならば、ボジョレー・ヌーボーを楽しみながら、オルタナティブ投資として考える価値はあるかもしれない。

平田和生(ひらたかずお)
慶応大学卒業後、証券会社の国際部で日本株の小型株アナリスト、デリバティブトレーダーとして活躍。ロンドン駐在後、外資系証券に転籍。日本株トップセールストレーダーとして、鋭い市場分析、銘柄推奨などの運用アドバイスで国内外機関投資家、ヘッジファンドから高評価を得た。現在は、主に個人向けに資産運用をアドバイスしている。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)