知りたくても中々聞く機会のないへそくり事情であるが、あおぞら銀行 <8304> が「いい夫婦の日」の日に先立って発表した「シニアのリアル調査」(2017)では、シニア夫婦のへそくり事情が明らかとなっている。へそくりをしている人は、全体の43%に上り、へそくり額は男女で大きな差がついているようだ。

平均へそくり額は99万円 中には1000万円超えも

シニア夫婦,へそくり
(画像=PIXTA)

11月15日、あおぞら銀行は22日の「いい夫婦の日」に先立ち、「シニアのリアル調査」(2017)を発表した。全国の55~74歳のシニア世代を対象に6月14~16日にかけてインターネット調査を実施し、2070人から回答を得た。

シニア夫婦のへそくりの実態について、まずへそくりの有無を聞いたところ、全体の43.7%が「ある」と回答している。「ある」の比率を男女別に見ると、男性の41.9%に対し、女性は45.5%となり、女性の方が僅かに上回った。

次に、気になるへそくり額であるが、全体の平均は99万円となった。金額帯で見ると、「100~500万円未満」が12.1%で最多となり、「10~50万円未満」が10.2%でそれに続いた。中には「1000万円以上」と答えた人も3.5%おり、へそくり額の偏差は大きいようだ。

へそくり額については、男女別で大きな差が見られた。男性のへそくり額は平均で58万円に対し、女性は138万円となり、男女で2倍以上の差が付く結果となった。前年と比較しても、男性は前年比9万円減となっているのに対し、女性は前年比6万円増となっており、その差は更に開いている。女性の方がへそくりを多く蓄えているという傾向が明らかとなっている。

理想のへそくり額についても尋ねたところ、全体の平均は247万円だった。こちらも男女別で差が大きく、男性の160万円に対し、女性は330万円となっている。男女共に、現状より多くのへそくりを貯めたいという考えがあるようだ。

配偶者に内緒の買い物 シニア世代の3分の1が経験

調査では、配偶者に内緒で行った買い物事情についても聞いている。

配偶者に内緒で買ったものの有無を尋ねたところ、全体の33.6%が「ある」と回答した。へそくりを持つシニア世代が43.7%であった事を考えると、内緒の買い物の比率はそれより低く、内緒の買い物はしないが、へそくりは溜め込んでいるという人が一定数いるようだ。「ある」と答えた割合を男女別に見ると、男性が35.0%、女性は32.2%となった。こちらはへそくりと反対で、僅かに男性が上回る結果となった。

配偶者に内緒の買い物をした事のある人に、買ったものを聞いたところ、1位は「株式」でその比率は17.2%となった。2位以下は「指輪・ネックレス・イヤリング」(12.4%)、「パソコン」(11.5%)、「投資信託」(10.0%)、「時計・腕時計」(9.1%)と続いた。1位の株式は平均購入金額が528.7万円、4位の投資信託は602.8万円となっており、高額な買い物を行っているケースもあるようだ。

買ったものについても、男女で差が見られる。男性の上位が「株式」(23.5%)、「パソコン」(17.2%)、「時計・腕時計」(11.2%)となったのに対し、女性の上位は「指輪・ネックレス・イヤリング」(19.5%)、「洋服・コート」(12.9%)、「投資信託」(11.7%)となった。

へそくり事情について、調査ではその実態や男女による違いの大きさが明らかとなっている。配偶者のへそくり事情が気になるシニア世代も多いだろうが、22日に控える「いい夫婦の日」を前に、無闇に詮索する事はナンセンスかも知れない。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)