数千年にわたって人類が続けてきた農耕という作業を大きく変えたトラクター。その歴史は、まだ100年に満たない。トラクターは農業に革命をもたらし、人類の歴史を根底から変えた。いまやアメリカ・イギリス・ドイツ・日本といった先進国では、第1次産業に従事する人口比率は少ない。多くは、第3次産業の従事者だ。

トラクターの世界史 - 人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち』 著者:藤原辰史 出版社:中公新書 発売日:2017年9月20日

トラクターの登場は農産業を大きく変える

第1次産業から第2次産業、そして第3次産業へと労働者が移行した理由はそれなりにあるが、その触媒としてトラクターが果たした役割は決して無視できない。

農業では、早くから牛や馬といった役畜の導入が始まっていた。イギリスで産業革命が起きるまで、いや起きた100年以上後になっても世界各国の主要産業は農業であり、農民が人口の大半を占めていた。

産業革命による工業化のインパクトは決して小さくないが、それでも国の産業比率を大転換させるまでには至らなかった。しかし、第2次産業革命により電気モーターや石油を動力とするエンジンが開発されるようになると、否が応でも農業も機械化の洗礼を受けざるを得なくなる。

トラクター登場以前、農業は人力と役畜によって支えられていた。だから農家はなによりも人手を必要とした。特に農作業は力の要る仕事だったため、男の領域でもあった。

トラクターの登場は、こうした農作業の常識を破壊し、そして農業という産業そのものを大きく変える。耕耘作業は牛や馬に依存していたため、その世話も農家にとって重要な仕事のひとつだった。牛や馬は生き物だから、手間暇かけて面倒を見なければ肝心の農作業は滞ってしまう。正月やお盆だろうと、台風や大雪といった悪天候で農作業ができない日でも世話をしなければならない。トラクターは機会であるがゆえの故障や不調などはあっても、農民を農作業に付随する世話から解放した。

本書では触れられていないが、トラクター登場以前の農家では農作業と同時に牛や馬といった役畜の面倒を見ていた手前、それと同時に乳牛や鶏を育てて、牛乳や鶏卵を副産物として得ていた。いわば、純粋な専業農家は存在せず、畜産業や酪農業との兼業農家が一般的だった。

トラクターの登場により、農家は役畜の面倒から解放されると同時に正真正銘の専業農家へと脱皮する。世界各国の政府は、トラクターの登場を機に農業の機械化を推進した。それは、農業を機械化することで農家を大規模化・集団化する目的があり、農家が大規模化・集団化することで食糧の生産性を飛躍的に高めることができたからだ。

また、機械化により農業は省力化が図られるようになり、人力に支えられた産業ではなくなった。人手が余るようになると、それら余剰人員が振り分けられたのは、国力のバロメーターでもあった工業分野だった。そして、工業が発展することで軍事兵器の開発も進んだ。

日本でも高度経済成長期の昭和36年に農業基本法が制定される。同法は“農業”の機械化、そしてそれに伴い農家の所得増大を謳っていたが、その裏には農業を効率化させることで余剰人員を第2次産業・第3次産業に振り分けたいという思惑があったことは言うまでもない。

国家、世界、そして国民生活を大きく変える存在に

農業基本法制定前後から、実は日本の農家でもトラクターの導入が少しずつ始まっていた。アメリカやソ連とは異なり、耕地が小さい日本では乗用型トラクターではなく、歩行型トラクターがまずは導入される。歩行型トラクターが普及するにつれ、乗用型トラクターも数を増やした。そして、トラクターは次第に国産化が進められた。諸外国では、さまざまな事情によって農業の機械化が図られたが、特に影響が及ぼしたのは戦争だった。

第2次世界大戦中、イギリスは食糧輸送船をたびたびドイツに襲撃されて食糧難に陥っていた。そのため、イギリス政府は食糧増産を急務にしており、その手立てとしてアメリカで爆発的に普及していたトラクター「フォードソン」を大量に輸入することで解決を図ろうとした。

イギリスと敵対していたナチス・ドイツでも、トラクターの開発と普及は戦争の勝利に欠かせない至上命題だった。性能の優れたトラクターを開発できれば、農作業を省力化できるとともに食料増産を図ることができる。そして、農作業の余剰人員を兵士として活用できる。こうして、ナチス政権下ではフォルクス・ワーゲン(民衆車)のほか、フォルクス・トラクター(民衆トラクター)の開発も進められた。

トラクターの登場と進化は、農業だけに大きな変革をもたらしたのではなく、まさに国家を、世界を、そして国民生活をも大きく変えてしまった。

トラクターは農民を農作業とそれに付随する作業から解放したが、その一方で、新たな問題も引き起こした。牛や馬といった役畜のエサとなる飼料は自家生産が可能だが、トラクターを動かす石油は農家で生産することはできない。トラクターの普及により、農家は燃料を買うという問題に直面した。そもそもトラクターを購入するために、ローンを組まなければならなくなった。

また、役畜が排出する糞尿は貴重な肥料でもあり、それらを入手できなくなることで化学肥料を購入する必要性も生まれた。

その結果、それまでの農民たちはほぼ自給自足の生活を送ることができ、貨幣経済と一定の距離を置いて暮らすことも可能だった。そうした生活は立ち行かなくなり、農家には市場経済という新たな難題と向き合わなければならなくなった。

農業基本法の制定以降、日本では農山村から東京や大阪に集められた若者が工業・商業に従事した。こうして農村は過疎化の一歩をたどり、いまや日本の農業人口は200万人を切っている。しかも、農業従事者の多くは50歳以上、65歳以上の高齢者も珍しくない。

こうなってくると、今後は無人運転・遠隔操作が可能な農機の開発・導入が進められるだろう。今般、農業の6次産業化が謳われるようになり、そして成長産業化への取り組みも始まったが、現在まで農業が有望な産業に成長しているとは言い難い。

だが、巷間、農業には未来があると喧伝されている。果たして、農業に可能性はあるのか? 本書を読み、トラクターが果たしてきた役割と農業が歩んできた歴史を俯瞰することで、その新たな可能性についても考えてみたい。

小川裕夫(おがわ ひろお) フリーランスライター・カメラマン。1977年、静岡市生まれ。行政誌編集者などを経てフリーランスに。2009年には、これまで内閣記者会にしか門戸が開かれていなかった総理大臣官邸で開催される内閣総理大臣会見に、史上初のフリーランスカメラマンとして出席。主に総務省・東京都・旧内務省・旧鉄道省が所管する分野を取材・執筆。著書に『東京王』『鉄道王たちの近現代史』など。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)