三越伊勢丹が本格的なリストラに乗り出した。今期はまだ減益予想だが四半期ベースでみると業績が急回復している。百貨店業界はEC販売の拡大で世界的に苦境にある。米国でも名門百貨店の身売りの話題がつきない。三越復活のビジョンに迫ってみたい。

上期決算は復活を思わせる増収益を達成

三越伊勢丹,リストラ,業績
(画像=PIXTA)

三越伊勢丹HD <3099> は日本最大の百貨店である。老舗の高級百貨店三越と新宿メンズ館で紳士服に強みを発揮する伊勢丹が2008年に経営統合した。

前17年3月期は売上が前期比2.6%減の1兆2534億円、本業の利益を表す営業利益が同27.7%減の239億円だった。小売業のEC化に浸食され、百貨店の主力である衣料品や宝飾・時計等の高額品の動きが鈍く購買単価が低下したことで苦戦した。決算発表時の5月10日に発表した今期の業績予想も、売上は0.9%増の1兆2650億円と増加を見込んだものの、営業利益は24.8%減の180億円と減益予想だった。

11月7日に発表した18年3月期上期(4〜9月)の決算は、売上は前年同期比2.2%増の5952億円とプラスに転じ、営業利益も同25.4%増の76億円と悪くない決算だった。通期の減益予想を据え置いたため翌日の株価は10円(0.8%安)と反応薄だったが復活を感じさせる決算だ。株価上昇、高水準のインバウンド旅行客に支えられ売上は改善傾向。店舗の統廃合による収益改善効果が出はじめた。

通期営業利益予想に対する進捗率は42.5%と前年同期の25.5%を大きく上回っている。百貨店業界は年末需要や重衣料需要の高まる下期のウェイトが高いため、繁忙期の下期への期待は大きい。

世界的に百貨店事業は再編の目玉に

アマゾンなどEC販売の拡大で、世界的に百貨店という既存小売形態には成長の限界が見えてきた。今年は、百貨店世界最大手の米メーシーズや米国一の高級百貨店として知られるニーマンマーカスが身売りとの話題が世界を駆け巡った。メーシーズの買収にはユニクロのファーストリテイリングの名前もでていた。日本では、バブル崩壊後の長いデフレとリーマンショックで三越伊勢丹HD、Jフロントリテイリング <3086> 、H2Oリテイリング <8242> などが誕生しすでに業界再編が進んだ。ECの進展でという時代の構造転換で再び事業変換の必要性に面している。

店舗統廃合でリストラを加速

収益体質を強化するために進めているのが店舗の統廃合、在庫整理、人員削減だ。それと同時に百貨店からのビジネスモデルの転換を進めている。

不採算店を閉鎖すると同時に中小型店の出店を進めている。伊勢丹松戸店の営業は、18年3月(予定)をもって終了する事に決定した。消費者が百貨店に出向くことが少なくなり始めており、中小型店は顧客との接点拡大の為の拠点として戦略的に拡大している。もっとも既存の小型店である「エムアイプラザ」は全国に28店舗を展開するが事業収益モデルの確立に至っていないため、不採算店5店の営業を終了した。一方、ラグジュアリーコスメ店である「イセタンミラー」は首都圏を中心に16店展開しており収益化しはじめている。

今後の事業転換の柱として、本業の小売を中心にデジタルと不動産の活用をあげている。デジタルの活用では、リアル店舗、カード会員、オンラインなどで顧客情報の一元化をはかりオムニチャンネルでのシナジー効果を狙う。アマゾンなどの価格重視の通販に対し、付加価値を高めたサービスを目指している。

不動産の活用では、老舗百貨店として新宿東口、日本橋など都心の一等地保有していることからさらなる有効活用を計画している。周辺地区の再開発の核になる可能性も高い。また18年3月開業予定の国分寺北口再開発では、中心の「シティタワー国分寺ザ・ツイン」に傘下の三越伊勢丹フードサービスのクイーンズ伊勢丹を開業する予定だ。横浜でもクイーンズ伊勢丹をリニューアルオープン予定で、不動産事業としての商業施設運営を強化していく。アジアを中心とした海外事業も事業転換の鍵だ。

11月14日には、傘下の三越伊勢丹不動産が、銀座で三井不動産レジデンシャルが開発中のハイグレードマンションを竣工後に取得すると発表した。こうした都心での不動産事業もグループで強化していく意向だ。

業績改善が顕著に

あらためて三越伊勢丹の業績を四半期ベースで分析してみよう。

発表したばかりの17年7〜9月期は、前年同期比で売上が前年同期間比で3.9%増となり、営業利益は四半期だけでみると21倍にもなった。もちろん7〜9月期は百貨店業界では売上がもっとも少ない季節ではあり利益水準は低いが、営業利益率は前年同期の0.0%から0.3%に0.3ポイント改善している。

前の四半期である4〜6月期は、売上は0.7%増で営業利益は12.8%増だった。営業利益率は2.3%と前年同期間の2.1%からやはり0.2ポイント改善している。小さな改善のようにも見えるが三越の営業利益率は前期で1.9%と低いだけ改善効果は大きい。業績改善のモメンタムは着実に進展している。今後の三越伊勢丹の復権に期待したい。

平田和生(ひらたかずお) 慶応大学卒業後、証券会社の国際部で日本株の小型株アナリスト、デリバティブトレーダーとして活躍。ロンドン駐在後、外資系証券に転籍。日本株トップセールストレーダーとして、鋭い市場分析、銘柄推奨などの運用アドバイスで国内外機関投資家、ヘッジファンドから高評価を得た。現在は、主に個人向けに資産運用をアドバイスしている。

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)