低金利が続く現状を受け、資産形成のために投資が注目されている。そんな中、投資初心者を中心に始めやすい投資として人気なのがNISAだ。利益が非課税になることや、少額であることから投資初心者にも安心だと広がりを見せている。そのNISAに、新たな制度「つみたてNISA」が2018年度から加わることをご存じだろうか?NISA、ジュニアNISAとの違いやどんな人におすすめなのかを紹介していこう。

NISA……年間120万円まで投資可能!非課税だから利益は全額受け取り

つみたてNISA,金融商品比較,ジュニアNISA,NISA
(画像=PIXTA)

NISAは2014年にスタートした制度。NISA口座内で、毎年一定額の範囲内で購入した金融商品から得られた利益を非課税にする。通常、株式や投資信託で投資を行い利益や配当を得た場合、約20%の税金を支払わなくてはならない。しかし、NISA口座で購入した金融商品から、配当や売却の際の利益を得た場合は非課税となる。

NISAの年間投資額の上限は120万円まで。1年のあいだであれば、分割して投資を行うことも可能だ。また、非課税枠は1年ごとに設定されており、翌年度はまた120万円まで投資ができる。また、払い出しや売却もいつでも可能だ。

NISA口座で購入した株式や投資信託から得た利益は、5年間の非課税期間が設けられる。1年目にNISA口座で購入した株式を5年間保有した場合、5年間で得た利益はすべて非課税だ。5年間の非課税期間が終了したら、課税口座に移す、または翌年の非課税投資枠に移すことも可能だ。

NISA口座は1人1口座まで開設できる。新規投資だけが対象のため、現在保有している株式や投資信託を移動させることはできない。対象となるのは株式投資信託、国内・海外上場株式、国内・海外ETF、ETN、国内・海外REIT、新規予約権付社債(ワラント債)だ。投資額は年間120万円までに限られるが、各証券会社はNISA向け商品に力を入れており、選択肢も多い。投資初心者はまずNISAから開始することで、リスクを押さえて投資を行うことができる。

ジュニアNISA……0歳から口座開設可能 年間80万円まで投資ができる

ジュニアNISAは2016年から開始された制度。NISAは日本在住の20歳以上が対象だが、ジュニアNISAは日本在住の0歳から19歳までが対象となる。NISAと同様に、ジュニアNISA口座で新規投資した投資での利益が非課税となる。投資額は年間80万円までだ。

運用管理を行うのは、口座開設者本人の二親等以内の親族、つまり両親と祖父母に限られる。3月31日時点で18歳である年の前年12月31日までは、原則払い出しができない。18歳までに払い出しを行う場合、過去の利益に対して課税され、ジュニアNISA口座は廃止される。子どもや孫の将来に向けて、長期で投資を行うことが目的だ。学資保険など子どもの将来の学費に備える金融商品の新たな選択肢となる。また、子どもの投資教育にも活用でき、金融リテラシーを幼いころから身につけることもできる。

つみたてNISA……長期に少しずつ資産形成を目指す!

つみたてNISAは2018年から運用が開始される制度だ。投資の対象は投資信託のみ。さらに投資信託の中でも信託報酬が1.5%以下と低く、販売手数料は0円の低コスト商品に限定されている。非課税となる投資枠は年間40万円まで。非課税となる期間は投資した年から最長20年だ。20年間、投資信託を運用して得た利益が非課税となる。

一番の特徴は、決まったタイミングで自動的に投資信託を定額で買い付けてくれること。例えば毎月1万円などあらかじめ決めた額で、投資信託の商品を購入することができる。積立貯金と同じようなイメージで、投資信託を運用することが可能だ。

つみたてNISAの目的は、リスクが低い投資を行うことにある。地産や地域を分散した積立投資を長期間続けることで、元本割れする可能性は低くなる傾向がある。一度に大きな利益を得ることはできないが、長期でこつこつ資産形成を行えるためリスクが少ない。

注意点としては、毎月分配金を受け取ることはできない商品に限定されているということ。利益をさらに運用することで、増幅する効果を狙う。また、通常NISA口座と同時に口座を開設することはできず、どちらか一方を選ばなければならない。もし、つみたてNISAを選択した後、通常NISA口座に変更したり、逆に通常NISA口座をつみたてNISA口座に変えたりできる。

株式など様々な投資を行いたい方はNISA、こつこつ長期に資産形成を行いたい方はつみたてNISAと自分の投資スタイルに合わせて選べる。ぜひ活用して、資産形成の助けにしておきたい。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)