多くの人が利用しているポイントサービスであるが、サービスごとの特徴や利用可能店舗には違いがある。調査会社のネットエイジアが12月5日に発表した「日本人のポイント活用に関する調査2017」では、ポイントサービスごとの利用率や満足度についての調査が行われている。多くの種類が存在するポイントサービスであるが、支持を集めているのはどのポイントサービスであろうか。

ポイントサービス利用率 上位10サービスとは?

ポイントカード,ポイントサービス
(画像=Thinkstock/GettyImages)

調査は11月8日~13日にかけてインターネット上で行われ、20歳~49歳の男女2000名の回答を集計した。

全回答者に利用しているポイントサービスを聞いたところ、利用率の高いポイントサービスの上位10位は次のようになった。

順位 ポイントサービス名/利用率(全体)
1位 Tポイント/69.7%
2位 楽天スーパーポイント/54.0%
3位 Pontaポイント/51.3%
4位 Amazonポイント/26.7%
5位 nanacoポイント/25.0%
6位 dポイント/24.7%
7位 WAONポイント/22.1%
8位 WAON POINT/19.8%
9位 ヤマダポイント(ヤマダ電機)/17.0%
10位 LINEポイント(LINE Pay)/15.3%

最も利用率の高いポイントサービスはカルチュア・コンビニエンス・クラブが展開する「Tポイント」となった。利用可能店舗の数と種類が多い事が評価されているようで、全体の7割近くの人が利用している。また、年代別の利用率を見ても、20代(68.0%)、30代(66.6%)、40代(74.3%)と全年代で1位となっている。年代を問わず、支持されているポイントサービスであるようだ。

2位は楽天 <4755> の運営する「楽天スーパーポイント」となった。こちらも楽天のサービスだけでなく、多くの店舗で利用可能である。年代別に見ると、20代の利用率が42.3%と全体の利用率を大きく下回る一方で40代では64.9%と全体を大きく上回った。若年層の利用率向上が1位の「Tポイント」を追うカギとなろう。

3位はロイヤリティマーケティングの運営する「Pontaポイント」である。こちらもローソンを始め、多くの店舗で利用可能であり、利用率は半数超えとなった。

4位はアマゾンジャパンの運営する「Amazonポイント」である。全体の利用率は26.7%と上位3サービスに大きく水を開けられた。ただ、20代の利用率は34.2%と全体利用率を大きく上回っており、若い世代の支持を集めるポイントサービスとして期待が掛かる。

ポイント貯めやすさ満足度 「Tポイント」は2位、1位は?

ポイントの貯めやすさについての調査も行われている。回答者がポイントを貯めやすいと評価した割合である、ポイントの貯めやすさ満足度を調査したところ、1位は「楽天スーパーポイント」となり、その満足度は71.3%となった。2位は「Tポイント」の66.5%、3位は「Pontaポイント」の44.6%であった。利用率では2位であった「楽天スーパーポイント」が貯めやすさ満足度では「Tポイント」を上回っている。

また、貯めやすさ満足度の5位には「JALマイレージバンク(日本航空)」(43.3%)、7位には「ANAマイレージクラブ(全日空)」(37.4%)と、利用率では上位に入らなかった航空系のマイレージポイントサービスがランクインしている。利用率こそ高くないものの、その貯めやすさを評価する人は多いようだ。

ポイント利用しやすさ満足度 航空系カードも上位に

貯めたポイントは、利用して初めて意味を持つ。貯まったポイントについて、実際に行った事のあるポイントの利用方法を尋ねたところ、「買い物で(支払いに)使う」が最も多く、その比率は74.8%となった。「電子マネーと交換する」(33.2%)、「キャッシュバック(現金化)する」(31.1%)が続いた。支払いに利用したり、電子マネーや現金に交換する人が多く、ポイントを現金と同等であると捉えた利用方法が多いようだ。

「他のポイントに交換(両替)する」との回答も25.4%に上った。ポイントサービスの種類は多くあるが、最終的にはポイントをお気に入りのサービスにまとめる人も一定数いるようである。

また、貯まったポイントの利用しやすさについて、ポイントの利用しやすさ満足度を調査したところ、1位は「Tポイント」となり、その満足度は66.6%となった。2位は「楽天スーパーポイント」で65.5%、3位は「Pontaポイント」で46.0%であった。順位は利用率と同じとなり、ポイントの利用しやすさもサービス利用率に影響を与えていると見られる。

また、4位は「JALマイレージクラブ(日本航空)」(42.2%)、5位は「ANAマイレージクラブ(全日空)」(41.3%)がランクインしている。特典航空券での利用が多いと見られる航空系マイレージポイントサービスであるが、そのポイント利用満足度は比較的高いようだ。

多くの種類があるポイントサービスであるが、「Tポイント」や「楽天スーパーポイント」、「Pontaポイント」の評価が高い事が分かった。これらは利用可能店舗の多さや貯めやすさ、ポイントの利用しやすさといった様々な項目で高い評価を得ている。今後も各ポイントサービスは利便性の向上に向けて、激しい競争を行っていくと見られる。上位3サービスを脅かすポイントサービスの登場にも期待したい。(ZUU online編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)