「現代の宗教ともいえる経済成長は、人々の衝突を和らげ、無限の進歩を約束する妙薬」のはずだった。ところが今、先進国の経済成長率は伸び悩んでいる。それに起因するとみられる対立や衝突も生じている。

デジタル技術が急速に普及する一方、経済成長率は低迷を続けている。現代社会は成長を必要としているのか? われわれの最終目的は、富か、それとも成長か? あるべき経済成長の姿とは何か?――これらが本書の主な問いである。

著者ダニエル・コーエンは、パリ高等師範学校(エコール・ノルマル・シュペリウール)の経済学部長、『ル・モンド』の論説委員などを務めるフランスの著名な経済学者であり、思想家である。

本書は、人類史を通じて文明化の過程を辿るとともに、有限な「閉じた世界」に住まう現代人が、なお経済成長への「無限の欲望」を追い求めることの問題点と将来性について、深く人間心理にまで分け入って考察した好著である。

経済成長という呪い――欲望と進歩の人類史』 著者:ダニエル・コーエン 訳者:林昌宏 出版社:東洋経済新報社 発売日:2017年9月7日

「絶えざる経済成長」という概念の誕生

経済成長
(画像=Webサイトより)

本書の原題はLe monde est clos et le désir infini(閉じた世界と無限大の欲望)、英訳版はThe Infinite Desire for Growth(成長への無限の欲望)である。

エミール・デュルケームのいった「無限(アンフィニ)という病」を思わず連想したが、実は本書の題名は、ロシア出身の科学史家アレクサンドル・コイレの著書From the Closed World to the Infinite Universe(閉じた世界から無限の宇宙へ)からヒントを得たらしい。

コイレによると、17世紀の科学革命は、宇宙が無限かつ真空であり、神が存在しないことをヨーロッパの人びとに強く意識させたという。また18世紀の啓蒙思想は、神の座に理性を据えるとともに、神による救済の約束が確実に果たされるという希望(espoir)=望徳(ぼうとく)を失った人びとの意識に「進歩」という新たな信条を吹き込んだ。

ただし当時の「進歩」は、道徳的な意味、あるいは旧体制を否定する政治的な意味であって、経済、特に物質的な豊かさ(金儲け)と結びつけて考えられていたわけではなかった。それが結びつくのは19世紀の産業革命によってであり、そのときまで「絶えざる経済成長」という概念は存在しなかった。

20世紀になると、フォーディズムに代表される大量生産と大量消費による経済成長が続く。ところが今日、21世紀のポスト工業社会を生きるわれわれは、テクノロジーの躍進によるデジタル革命を経験しながらも、それが経済成長に結びつかない状況に直面している。

経済成長なき産業革命

この「経済成長なき産業革命」をどう考えればよいのか? 現代の産業革命といえるデジタル革命は、過去の産業革命とは異なる。その違いを著者は、人間の労働を内包できているかどうかに見る。言うまでもなく、労働を内包していない現在のデジタル革命は、経済成長を力強く後押しする役割を果たしていない。労働を内包するとは、どういうことか?

たとえば20世紀の電気革命においては、農村部を追われた農民たちが潜在的成長力の高い産業に吸収されたことにより、高度経済成長が実現した。ところがデジタル革命はどうか? 著者は、アメリカの経済学者デヴィッド・オゥターの分析をもとに、徹底したコスト削減を実施するデジタル社会では、職を失った中間層の多くが(労働生産性の低い)低賃金の仕事に流れる傾向があるとし、「失われるのは、中流階級だ」と述べている。

なお、機械化と失業の問題をめぐり、コンピュータ化、賃金格差の拡大、資産価値の上昇という三つの現象の関係を論じた著者の分析は注目に値する。それによると、ルーティン作業を代替する低価格の「ソフトウェアが賃金に下方圧力をかけると、インフレは収まり、金利も低下する。そして勝者は金融資産や不動産になる……。よって、資産価値の上昇を引き起こすのは賃金デフレであって、その逆ではないのだ。」「コンピュータ化の時代の経済成長は常に不安定であり、なぜバブルの発生と崩壊が繰り返されるのかも説明できる」という。著者はここで、「資本が労働者を貧しくする」という見方を否定している。

物質的な富から解放されない人間

ケインズは1930年の評論で、百年後の人びとは一日3時間働くだけで暮らせるようになり、残りの時間を本当に大切なことのために費やすようになると語った。著者はこの予言に言及し、現代社会は当時よりも遥かに豊かになったにもかかわらず、物質的な富を以前にもまして追求する人びとの「無限の欲望」をケインズは読みきれていなかったと述べている。

実際の「百年後」は、もっと過酷になっているかもしれない。人びとは絶えず失業に怯え、経済的不安に悩まされる。富にたいする心配が消え去ることもない。だが、どうして人間は物質的な富の呪縛から解放されないのか? 

著者は、心理学者ダニエル・カーネマンとエイモス・トベルスキーの先駆的な研究に拠りつつ、人間には状況への高い馴化能力があり、たとえ「欲求から逃れるために豊かになっても、その新たな状態がすぐに新たな基準になり、すべては振り出しに戻る」からだと答え、人間の幸福追求は「快楽のランニング・マシーン」のようだと述べている。

つまり、富(あるいは豊かさ)をいくら手に入れても、けっして安息は訪れないのだ。富が持続的に増えていく状態、つまり「自己の精神的および社会的な境遇から這い上がれるという、儚いが常に更新される希望」としての経済成長こそが、心の不安を和らげてくれるのである。かくして人間は、経済成長への飽くなき無限の欲望を抱くことになるという。

しかし、そこで問われるべきは、経済成長の捉え方である。著者は、「モノとはまったく関係のない経済成長という日が訪れる」というジョルジュ・バタイユの言葉を引き、「ポスト工業社会は、バタイユが示した(物質的な)モノのない経済成長に対する期待にそぐう」と述べている。

もちろん、その容易ならざることはバタイユ自身も、そして著者も認めている。バタイユは、モノを所有し、無駄なモノの浪費に走る人間の強欲について触れ、著者は「現代社会が失業の解消や明るい未来を夢見るために利用する唯一の方法が、物質的な経済成長であり続ける限り、現代社会がそれを断念するとは考え難い」という認識を示している。

本書は、「進歩」や「経済成長」といった概念が生まれるまでの歴史、産業革命と経済成長との関係(特に労働者への影響)、人間の無限の欲望などについて深い考察がなされている。その分析にあたっては、経済学のみならず、歴史、哲学、心理学、社会学、人口学、環境学などの幅広い知識が動員されている。

経済成長というものをその必要性の是非を含めて根本から考え直したいと思っている人にとって裨益するところの大きい一冊である。(寺下滝郎 翻訳家)

【編集部のオススメ記事】
「信用経済」という新たな尺度 あなたの信用力はどれくらい?(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
会社で「食事」を手間なく、おいしく出す方法(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)