「国の借金が1000兆円超え」や「アメリカの債務上限問題」といった報道で政府の負債について耳にする一方で、政府の資産について知る機会は少ない。バランスシートの分析にあたっては負債と同様に資産も重要な要素である。

2015年『エコノミスト』誌と『フィナンシャル・タイムズ』紙でベストブックの1冊に選ばれた本書は、タイトルの通り政府の資産に注目し、資産管理の問題とその対策となり得る具体的なアイデアを提示する。財源問題で揺れる各国政府にとって、資産を活用すれば社会の厚生が高められるという本書のメッセージは今後の政治の重要論点となってくるだろう。

政府の隠れ資産
著者:ダグ・デッター、ステファン・フォルスター、小坂恵理(翻訳)
出版社:東洋経済新報社
発売日:2017年1月20日

政府のずさんな資産管理

日本では近年、政府によりコーポレートガバナンス・コードがまとめられ上場企業もコーポレートガバナンスの遵守に取り組んでいる。これは財テクによる不良資産の所有や損害の隠蔽などで企業の価値を毀損し、所有者である株主に損害を与えた過去の反省から発展してきたものである。

政府と民間企業を同じように扱うのは無理筋なことが多いが、政府の資産管理についてはコーポレートガバナンスの考え方を取り入れるべきだという。政府資産の所有者は納税者という株主であり、資産は社会の厚生を最大限に高めるよう運用し株主価値の最大化を目指す仕組みが必要なのだ。

しかし、政府の資産運用は現状かなりずさんだ。不要な資産を抱えるだけでなく、不動産の登記制度の不備により正確な情報を持っていなかったり、道路や橋といったインフラを評価対象としていなかったりする。

このように資産の全体像が把握できていない状況でも、IMFの推計では金融資産と非金融資産の合計はほぼ全ての国で公的債務の総額よりも大きくなる。日本も例外ではない。これだけの資産を賢く運用し少しでも利益率が改善できれば、公共部門に多額の財源と社会の生産性向上をもたらすことは間違いない。

ナショナル・ウェルス・ファンドでプロの資産運用

政府資産を公共部門が賢く運用できるのかと疑問に思うところだが、著者はナショナル・ウェルス・ファンドを作ればそれが可能だと主張する。似た言葉でソブリン・ウェルス・ファンドがあるが、こちらは主要な市場で株や債券に投資をする政府系ファンドであるのに対し、ナショナル・ウェルス・ファンドは個々の資産の開発や再構築、貨幣価値への換算などを通じ資産価値の最大化を目指す資産管理の専門家で構成された公共企業体である。

ナショナル・ウェルス・ファンドの最大の成功例はシンガポールのテマセク・ホールディングスだ。平均で18%の年次利益率を確保し成長を続けている(本書より)。テマセクが民間企業の領域にも進出している点や公共企業体としてリスクを取り過ぎている可能性などに疑問を感じるものの、適切なガバナンスと優秀な専門家がいれば公共企業体でも成功できる点は特筆すべきだろう。

ナショナル・ウェルス・ファンドは資産効率の改善だけでなく、政治が既得権益とのしがらみから解かれ、消費者の利益を最優先に行動する傾向が高まるメリットもあるという。これもコーポレートガバナンスにおける経営と所有の分離のように、政治は経営には干渉せず、市民の代理としてナショナル・ウェルス・ファンドの所有者となることで、目標達成の監視者と公平な競争環境を整備する規制者としての役割に集中できるようになるためだ。

資産の有効活用が政治を安定させる

ナショナル・ウェルス・ファンドの優秀性から導かれる斬新な結論は、政府資産の管理で重要なことは透明性や明確な目標、政治的独立といったガバナンスの質だということだ。従来、政府資産の管理に関しては民営化論者と国有化論者が対立を繰り返してきたが、それは不毛な対立だと切り捨てる。なぜならプロセスに問題があれば、民営化でも縁故資本主義や汚職、規制の機能不全などが起こりうるからだ。

ガバナンスの質を欠いた政府資産の管理が、先進国で老朽化が進む重要インフラの更新を滞らせ、特定の分野に対する非効率な投資や汚職にも見える公共資産の安売りなどの失敗を引き起こしている。これらが現代の代議制民主主義への不信を招く1つの要因であるとも考えられる。不正確な評価での国有地の売却が政治問題に発展した日本政府はこの問題を強く受け止めるべきだろう。

世界でナショナル・ウェルス・ファンドを持つ国はまだまだ少なく、日本でも導入されていない。財政に関しては、増税もしくは経済成長による税収増といった議論が中心だが、政府資産の活用も議論に加えるべきだ。その第一歩として、どれだけの資産を持っているのかを公開して欲しいと思う次第だ。(書評ライター 池内雄一)

【編集部のオススメ記事】
「信用経済」という新たな尺度 あなたの信用力はどれくらい?(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
会社で「食事」を手間なく、おいしく出す方法(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)