クレジットカードを持っていない人、使っていない人というのは、今やほとんどいないと言ってよいだろう。皆、何かしらのクレジットカードをもっているはずだ。もちろん富裕層もクレジットカードを使うことが多い。

富裕層が持つクレジットカードいえば「ダイナース プレミアムカード」が有名だ。しかし、その全貌はあまり知られていない。なぜなら、ほとんどの人は、そのカードの存在すら知らないからだ。今回は、そんなダイナースのプレミアムカードの魅力について紹介していきたい。

クレジットカード,富裕層,ダイナース
(画像=Casper1774 Studio/Shutterstock)

ダイナースの最上級カード「プレミアムカード」はどんなもの?

まずは、ダイナースについておさらいしよう。ダイナースはもともと、レストランで「ツケで食事ができるように」という趣旨で、1950年にアメリカで生まれた。日本には1960年に入ってきており、以来、上質なサービスを提供しているのだ。特に「食」に強みを持っており、様々なレストランと提携している。

ダイナースのカードには、いくつか種類があるが、そのいずれもが年会費2万~4万円程度ののカードだ。「ダイナース プレミアムカード」は、ダイナースのHPでも紹介されておらず、ごく一部の限られた人しか所持することを許されていない。年会費は13万円と高額だが、プレミアムカードならではの様々なサービスが、富裕層を中心に支持されている。

なぜプレミアムカードが富裕層に受けているのか

通常、我々がクレジットカードを選ぶ際は、主にポイントの還元率、マイル、その他キャンペーンの状況によってカードを選ぶことがほとんどだろう。しかし、富裕層は、別の視点でカードを選んでいるのだ。

では、なぜ高い年会費を払って、プレミアムカードを使うのだろうか。それには2つの大きなメリットがあると言われている。

1つは「時間をお金で買う」という感覚だ。プレミアムカードの場合、専用のコンシェルジュがついて、24時間電話でサポートをしてくれることが多い。旅行やレストランの予約なども、代わりに行ってくれるのだ。プレミアムカードはこういう手間を解決することができる。これが富裕層に支持されている要因の1つだろう。

もう1つは「なかなか得ることのできない体験を用意してくれる」ということだ。たとえば人気のコンサートのチケットも、プレミアムカードの会員用の枠があり、比較的チケットが手に入りやすい、というケースも多い。こういった特別な体験を人より先んじて手に入れるために、会費を払っているという人も少なくないだろう。

プレミアムカードならではの様々な特典とは?

では、実際に「ダイナース プレミアムカード」の具体的な特典を紹介しよう。

1つ目はレストランのサービスだ。ダイナースは「2名以上で利用すると1名無料になる」というサービスを提供している。通常カードでも利用可能な店舗もあるが、プレミアムカード会員だけが利用できるレストランも多い。また、普段予約がとれない高級料亭を、代わりに予約してくれることもある。このあたりは、さすが食に強いダイナースといったところであろう。

もう1つは旅行時のサービスだ。プレミアムカード会員になると、全国1000か所以上のVIPラウンジを使うことができる、プライオリティパスを使うことができる。空港からの送迎タクシーを無料で使えるなど、旅を1つ上のランクに引き上げてくれる。他にも、名門ゴルフ場が半額で使えたりするなど、上質な遊びをする際に、非常に役に立つカードといえるだろう。

もちろんこれに加え、コンシェルジュサービスなども万全だ。こういったカードを利用することが、富裕層のステータスの1つである、ということもできるだろう。

手に入れるには紹介を受けるか上顧客になるか?

このように、プレミアムカードには、他のカードにはない特典がたくさん付いており、まさに、「富裕層のためのカード」といえるだろう。

このカードを手に入れるには、誰かの紹介か、もしくはダイナースカードの上顧客であることが条件であると言われている。手に入れるのも難しいカードではあるが、その分、会費が高価格なのもうなずけるサービスといえるだろう。(ZUU online 編集部)