富裕層に共通するものとは何か。

高級車、ブランド品、上品な仕草や言葉遣い――富裕層にはさまざまなイメージが付きまとうが、これらは結局人によりけりだろう。

どんな富裕層にも共通するもの、それは「表情」だ。どこか余裕が感じられる、穏やかなほほ笑み。

富裕層だからこそ、そんな表情ができると考える人もいる。しかし、富裕層が穏やかな笑みをたたえることには、理由があるのかもしれない。

今回は、行動と感情の因果関係について、有名な実験を紹介しながら解説していく。

営業ケーススタディ(16)――とある富裕層の教え

富裕層はなぜほほ笑むのか?「As if(アズイフ)の法則」に見る行動と感情の因果関係【営業心理学#16】
(画像=autumnn/shutterstock.com,ZUU online)

人材コンサルティング会社で働く及川圭佑(37)は、待ち合わせ場所にたどり着き、そわそわと落ち着きなく辺りを見回した。時計を確認すると、約束の時間まで10分を切っている。及川は身だしなみをチェックし、軽く深呼吸をした。

担当顧客である経営者の吉田に、一緒にパーティーに来てみないかと誘われたのは、つい2週間ほど前のことだ。20代の頃から担当している、気心の知れた関係だったこともあり、及川は二つ返事で了承した。

しかしふたを開けてみると、それは富裕層が集う会員制の社交パーティーだった。吉田によると、会員の紹介であれば同伴者も参加できるそうで、比較的敷居の低いパーティーであるらしいのだが、及川にとっては初めての経験だ。これから連れて行かれるのがどんな場所なのか、期待半分、不安半分が正直な気持ちだった。

「及川くん、待たせたね」

声を掛けられて振り向くと、高級車に乗った吉田の姿があった。及川は「今日はありがとうございます」とお礼を伝え、助手席に乗る。そのまましばらく車を走らせると、前方に壮観なホテルが見えてきた。

ゲートをくぐり、吉田にともなわれて建物に入る。会場内にはいくつかのテーブルがあり、吉田と及川はその1つに案内された。

パーティーの参加者は壮年から初老の男性が中心で、ほとんどが会社経営者や医師だという。また、優雅なドレスに身を包んだ若い女性の姿もちらほら見えた。会員の娘や孫娘だと吉田が教えてくれる。

最初は豪奢な調度品や高い天井、参加者の放つオーラに圧倒されていた及川だが、会話が始まると少しずついつものペースを取り戻すことができた。

人間は幸福だから笑顔になるのか、笑顔だから幸福になるのか

同じテーブルの初老の男性と話が弾む。彼は経営していた会社を息子に譲り、今は最高顧問の立場で息子を支えながら、自分は別の事業を始める準備をしているらしい。

「採用は会社にとって命綱です。いい人材が入社しなければ、どんなに実績や歴史のある企業も、一瞬で転落してしまう。及川さんの仕事は、社会的な意義の高いものです」

初老の男性は、穏やかな笑みをたたえて及川にそう言った。上品な物腰や知的な話し方など、端々に余裕が漂っている。及川は緊張しつつも、自分が日頃から考えていることを真摯に話した。

「そう仰っていただけて恐縮です。ただ私にできるのは、あくまでいい人材を発掘するためのお手伝いです。最近は、日本の教育のあり方について考えさせられることがよくあります。産学連携が進むことは、学生と企業のミスマッチを減らすことにもなるのかもしれません」

初老の男性は及川に興味を持ったようで、その後しばらく会話を楽しんだ。すると途中で、吉田が「及川くんは面白いでしょう。私は及川くんの応援団なんですよ」と茶目っ気たっぷりに話に混ざってきた。

「及川さん、幸福と笑顔に関する面白い法則があるんですが、ご存知でしょうか?」

初老の男性に問われ、思い当たることがなかった及川は、素直に首を振った。初老の男性は、重ねて及川に問うた。

「人間は、幸福だから笑顔になるのか、笑顔だから幸福になるのか、及川さんはどちらだと思いますか?」

それは奇妙な問いかけだった。及川は、何と答えようかと思案した。

あなたならどちらを選ぶ?

(1) 幸福だから笑顔になる

(2) 笑顔だから幸福になる

「As if(アズイフ)の法則」から富裕層マインドを学ぶ