結婚または長期的な関係を結ぶ前に、お互いの経済状況について配偶者やパートナーと話していない人が38%いることが明らかになった

家族に話をしてもらうために、Lincoln Financialは社会実験を発表した。

「Lincoln Financial Group」が月曜日に発表した調査によると、10人に9人の米国人が、家族や自分自身の将来の経済的な計画を立てることが重要だと考えているが、半数近くが愛する人と経済状況について話し合うのに苦労している。

なぜ人々は金銭的な会話を避けるのか?この研究は3つの理由を明らかにした。

適切なサポートやリソースがないと、圧倒されてしまうことがある。また、退職金や医療問題、死後のための十分な資金があるなど、深刻な話題の場合は特に、扱いにくく、居心地が悪いこともある。そして、将来の計画について話すことは、それが用意されていないと難しい。

「重要な財務上の決定は会話から始まることが多い」と、Lincoln Financial Groupの人材、場所、ブランド部門の責任者であるLisa Buckingham氏は述べた。「最初の一歩を踏み出すのに少し手助けが必要なこともある」