米国の経済指標と中小型株に注目

マーケット展望
(画像=Thinkstock/GettyImages)

今週は月初に当たり米国の重要な経済指標の発表が目白押し。2日の11月ISM製造業景況指数、4日にISM非製造業景況指数、6日に11月の雇用統計が発表される。特に企業の景況感は回復が予想される。ISMの指標を受けて米国株が上昇するシナリオを見込む。

一方、トランプ大統領が香港人権法案に署名したことの影響を見極めたいとの慎重ムードも残るだろう。米中合意については、まったく予想がつかないものの、基本的には15日の制裁発動前になんらかの形で合意がなされるとの観測は消えていない。香港人権法案成立で米中通商協議の年内合意がいったん遠のく可能性も意識されただけに、仮に近々合意がなされれば、「ポジティブ・サプライズ」で市場は大きく反応するだろう。

国内要因では先週見られた機関投資家による中間配当再投資の買いは12月初旬も継続する。今週も下値は堅いだろう。

先週も指摘した通り、東証マザーズやジャスダック、2部の値動きがよくなってきた。年末特有の中小型株物色は今年も健在のようだ。香港や米中の行方が混沌とするなか、消去法的に内需と中小型株に物色の矛先が向かいやすい。

予想レンジは23,000円~23,500円とする。

広木隆 広木 隆(ひろき・たかし)マネックス証券 チーフ・ストラテジスト
上智大学外国語学部卒業。国内銀行系投資顧問。外資系運用会社、ヘッジファンドなど様々な運用機関でファンドマネージャー等を歴任。長期かつ幅広い運用の経験と知識に基づいた多角的な分析に強み。2010年より現職。著書『9割の負け組から脱出する投資の思考法』『ストラテジストにさよならを』『勝てるROE投資術

【関連リンク マネックス証券より】
中間決算後の大手銀行株:金利に連れ高で希少な投資機会に
上昇相場第2幕~年末ラリーのスタート
日本株は循環物色の動き/米年末商戦の動向に注目
ワシントンD.C. 出張報告 その1 ~ トランプ大統領の弾劾
一言で2兆円を吹き飛ばす、中国ハイテク産業の脅威