前回、 大物達の資産管理〜スイスプライベートバンクから学ぶ金融機関の選び方[前編]〜 にて海外金融機関の富裕層向けサービスをご理解頂くことで、良い金融機関を選ぶ参考にして頂こうと各スイス系金融機関の顧客アプローチについてお伝えしました。

今回はスイス系の大手金融機関、最先端と言われるUBSの富裕層向けサービスの顧客アプローチについて、より詳細をお伝えしたいと思います。

職業柄、海外の金融機関(ヘッジファンドやプライベートバンク等)のオフィスへ視察・訪問には良く出かけ、そのお陰で世界の富裕層向け金融サービスの最新の戦略や動向等を見聞きする機会には恵まれてきました。

以前、スイスのチューリッヒのUBS本社を訪問し、UBS、クレディスイス、ジュリアスベアを始めプライベートバンクに携わるバンカー、マネジメント、アセットマネージャーなどから話を伺う機会がありましたので、今回はそのまとめをお送りしたいと思います。


◉UBSについて


スイスに本拠を置く世界有数規模の銀行(ユニバーサルバンク)であり、外資系金融機関として国内でも有名です。

(編集注:ユニバーサルバンクは商業銀行業務・投資銀行業務・証券業務のほか、リース・ファクタリングなど一切の金融業務ができる銀行の事を指します。)

元々は1862年創立のスイス・ユニオン銀行と、1872年創立のスイス銀行コーポレーションという二つのスイス名門金融機関が1998年に合併し、社名をUBS AGとして設立されました。そして1990年代から次々にM&Aを行い、世界トップクラスの投資銀行となります。
また日本での活動も活発で、2006年2月よりプライベートバンキングのテレビCMを開始し、市場の開拓に力を入れています。

また富裕層向け金融サービスの分野でも、実績と経験に裏打ちされたノウハウとディテールへのこだわりを持っており、国内外ともにトッププレイヤーの1社です。

以下に、本店訪問で見聞したこと等をまとめます。

【参考:預け入れ資産1億円以上を対象としたプライベートバンク関連】

日本版プライベートバンク成功へ向けて〜現代富裕層の悩みと金融機関の4つの課題〜
プライベートバンクへの期待〜その幻想と真実〜
「プライベートバンクサービス」≠「プライベートバンク」?〜富裕層サービスの真実〜
資産1億円以上限定、富裕層向け「プライベートバンク」サービスの比較