アメリカ不動産投資の魅力 そのメリットと注目エリアは.png
【Sponsored】


なぜ今アメリカ不動産投資なのか?

ここ数年、海外の不動産に投資する日本の富裕層や企業が増えている。中でも、人気なのがアメリカの不動産だ。なぜ、いまアメリカの不動産が注目されているのか?その背景として、日本とは違うアメリカ不動産市場の特徴が挙げられる。

まず、アメリカ経済を測る指標となるGDPの平均成長率は2010年以降2%程度となり回復基調にある。2015年は3%を超え、成長ペースは徐々に加速すると見られている。人口についても、毎年約1%の割合で増え続けており、2050年には4億人を超えることは確実視されている。

また、シェールガスによるエネルギー革命、先進国の中でも食物の自給自足が唯一可能な国であること、そして世界経済の基軸通貨であるドルを発行する国であることなど、将来的にも持続した安定経済が期待できるアメリカへの投資は、やはり他国へのそれと比べても魅力的なようだ。

逆に、日本ではここ数年、毎年−0.2%の割合で総人口が減少、39の道府県で人口減少が続いている。人口減少は、短期的には不動産価格に影響を与えるものではないものの、長期的にみると社会構造を変化させ、不動産市場もシュリンクしていくと見られる。

アメリカにおける不動産投資を考える際に重要なのが、アメリカの中央銀行に相当するFRB(連邦準備制度理事会)により、2008年に導入された量的緩和とゼロ金利政策の出口戦略だ。FRBは、リーマンショックからの脱却を目指し、これまで量的緩和策を実施してきた。これは、政策金利がゼロの状態で、市場に資金を供給し続けるという政策であり、この政策が功を奏しアメリカ経済は、異常な状態から抜け出した。その後、金融の正常化に向けての一歩を踏み出したことから、FRBは量的緩和の終了を決定。

次の焦点は、ゼロ金利政策をいつやめ、利上げに踏み切るかという点だ。投資家にとっては、いつになるのか非常に気になるであり、2015年の春以降と予想されている。