522539145

(写真=Thinkstock/Getty Images)

2月3日、富士フイルムホールディングス <4901> の傘下である富士フイルムは、フランスの感染症、微生物学分野の最先端の公的研究機関であるBIOASTER(以下、バイオアスター)と、エボラ出血熱の迅速診断システムに関する共同研究契約を平成27年2月2日に締結した、と発表した。インフルエンザウイルス高感度検出技術を応用し、エボラウイルスの即時診断技術の開発に着手していくことになる。

今回の共同研究は、富士フイルムのウイルス高感度検出技術と、感染症の分野で豊富な経験とノウハウを持つバイオアスターが作製、評価するエボラウイルスの抗体を用いることで、現在エボラウイルスの確定診断に利用されている遺伝子検査同等の高い診断能力を有し、簡便、迅速、小型で可搬性に優れた、エボラ出血熱の迅速診断システムの技術を確立することを目標としている。

富士フイルムは、写真の現像プロセスで用いる銀塩増幅技術を応用することで、一般的な診断薬と比較して約100倍の高感度でインフルエンザウイルスを検出できる「超高感度イムノクロマト法インフルエンザ診断システム」を開発し、平成23年10月に国内で販売を開始、今回、この技術を応用し、エボラ出血熱迅速診断システムを開発する。

(ZUU online)

【関連記事】
黒字予想から一転―シャープが300億円の最終赤字へ
エボラ出血熱の感染拡大防止へ…NECがサーモグラフィで支援
年間52,596円の日経新聞が無料?ネット証券は『情報の宝庫』
2015年3月末の“長く持つほど得をする”株主優待銘柄6選!
10万円以下でも買える?2015年の目玉LINE株を上場前に買う2つの方法