4082146

リフォームを考えているけれども、直したい部分が多すぎてどこから手をつければよいのかわからないという人も少なくないだろう。具体的にどのようにリフォームを進めていくのがよいのか、その一連の流れについて見てみたいと思う。


1.不便なところ、リフォームしたいところを書き出す

まず、どこをリフォームしたいかを具体的にノートに書き出してみよう。準備もせずいきなり業者に相談をすると、「あれもしたい」「これも必要」と、本来やりたいこと以外のものが魅力的に見えてしまうことがある。結果、リフォームにかかる金額が際限なく増えてしまう恐れも出てくる。また、マンションなどによっては、専有個所であっても手を加えてはいけない規則がある場合もある。床材などの防音レベルにも指定があることも想定されるので、自分の望むリフォームがマンションの規約に合うものなのかも調べておこう。

まずはじめに、何が不便でリフォームしようと思うのか、どこをリフォームできれいにしたいのかをきちんと考えることが大切だ。


2.ネットなどでリフォームに関する情報収集する

直したい個所や具体的なイメージができ上がったら、ネットや雑誌などを活用してどのような方法でリフォームができるのか、またどれくらいの金額がかかるのかを大まかに把握しておこう。大体の金額をつかんでおくと予算も立てやすくなり、業者と実際に交渉する際にも非常に役立つ。情報に偏りがないように、リフォーム経験者のブログなども参考にするとよい。

リフォームの方法と大体の金額を把握したら、次に予算をいくらまで出すことができるのかを決定する流れとなる。


3.リフォームの見積もりを依頼する

ネットや雑誌、口コミなどでリフォームを依頼する業者を決めていこう。はじめから1つの業者に絞ってしまうのではなく3つくらいの業者に見積もりの依頼を出すのがよいだろう。過去の施工例などを見て、リフォームを希望する個所がその業者にとって得意分野であるか、またその業者が作り出すテイストが自分の好みに合うものなのかを判断していきたい。

おおまかな見積もりをネットなどで無料診断してくれる業者もあるが、家の現状なども見てもらう方がより正確に見積もりを行ってもらえるため、実際に会って見積もりを依頼するのがベストだろう。

すべての業者に、同じリフォーム内容で見積もってもらうと、それぞれを見比べるのもより簡単に行えるようになる。


4.リフォームの見積もりを熟読する

見積書が届いたら、細部にわたるまでしっかりと読み込もう。業者によって設備代に工費を上乗せしていたり、「諸経費」など使途不明の項目があったりすることもあるためだ。

見積もりを読んで不明な点がある、依頼した内容と異なる場合は、納得がいくまで業者に質問をしよう。この時、明らかに面倒そうな態度を取ったり、説明せずに言いくるめようとしたりする業者とは契約を避けた方がいい。業者とはリフォームを行う時だけで関係が終わるわけではない。リフォーム後に問題が生じた時にも付き合い続ける相手だと考えて、お互い気持ちよくやりとりができる業者を選ぶことを心掛けたい。


5.リフォーム業者を決める

見積もりに納得できたら業者を決める段階に移るが、すぐに依頼をするのではなく、含まれる工事内容の詳細や、不具合が生じた場合のメーカーや業者の保証についてもしっかり説明を受けよう。

メーカー保証とは別に、長期のメンテナンスや修理を引き受けてくれる業者も増えている。この保証内容も、業者を決める大きなポイントとなるだろう。

断熱材の導入や手すりの取り付けなど、省エネや耐震、またバリアフリーに関わるリフォームをする場合、国や地方自治体の補助金や助成金、また税金の控除を受けられることもある。このような補助金などについても適用範囲にあるのか、業者に確認をしておいた方がよい。

また、見積もりに書かれておらず、あとになって追加工事の必要が出る場合もある。きちんと施工主の希望が反映された工事がおこなわれるのか、把握してから契約をしよう。


6.リフォーム工事が始まる

構造を大きく変えるリフォーム等の場合、工事期間中は仮住まいに住むことになる。業者が準備してくれることもあるが、自分で探すことになる場合も多い。仮住まいの準備や、近所への挨拶などもきちんと工事開始前に済ませておこう。

リフォーム中は、作業の迷惑にならない程度に頻繁に現場を見に行くのがよい。完成してから希望と異なることが分かるより、早めに違いに気付くことができればそれに越したことはないからだ。あわせて近隣から騒音などでクレームが出ていないか、こまめに尋ねるようにしよう。


7.引き渡し時にチェックをする

引き渡しの際には、ドアや窓の開閉から、細かな傷がないかなど、細かくチェックをしよう。「せっかくリフォームをしてもらったのだから、文句を言っては業者さんに悪い」などと遠慮せず、しっかり主張をすることで、今後不具合が生じた時にもどのような対応をしてもらえるのかを知ることができる。

しっかりと準備をすることは、リフォームの成功にもつながる。理想の家をめざすためにも、下準備や情報収集の手間は惜しまずにいこう。

>>リフォームの見積りを受けてみる