観光地ランキング,地価上昇
(写真=PIXTA)

全国各地で外国人観光客をターゲットにしたインバウンド需要拡大への取り組みが行われている。2015年7月1日に国税庁より相続税の算定の基礎となる相続税路線価が発表されたが、その上昇地点を眺めてみると、誘致に成功している観光地は上昇率も高い傾向にあった。

商業地を中心に、外国人観光客による買い物需要という実需に支えられたエリアは上昇率が特に高かった。不動産投資という意味では、これから伸びる観光地は注目に値する。そこで今回はインバウンド需要を先読みして、今後の投資エリアを考えてみたい。


外国人観光客に人気の観光地ランキング

2015年6月11日に旅行口コミサイトを運営しているトリップアドバイザーが、訪日外国人が選ぶ日本の観光スポットランキングの2015年版を発表した。

1位は京都・伏見稲荷大社、2位は広島平和記念資料館(原爆ドーム、広島平和記念公園)、3位は広島・厳島神社となっている。

このトップ3は2014年版でも同じで不動の人気スポットだ。京都では下京区四条通で路線価上昇率5.3%のエリアがある。また広島では中区胡町が上昇率10.2%。いずれのエリアも5%以上の高い伸び率を示している。

また同ランキングの2014年版と比較して、トップ10の中で昨年より順位を上げている観光スポットが、4位の奈良・東大寺と、5位の京都・禅林寺 永観堂、6位の長野・地獄谷野猿公苑、8位の京都・サムライ剣舞シアター、9位の沖縄美ら海水族館の5つだ。トップ10の中に京都が3つもランクインしている点も注目だろう。