世界最大級のホテル予約サイトHotels.comは、中国人旅行者の動向についてのアンケート調査「Chinese International Travel Monitor(CITM)」の結果を発表した。2016年の中国人の海外旅行者数は1億2200万人にも達しており、その影響力は非常に大きい。調査では、中国人旅行者の動向に変化が生じている可能性を示唆している。

中国人旅行者が今後12カ月で訪れたい国 フランスと米国が首位に

中国人,旅行者
(写真=Beer502/Shutterstock.com)

中国国家観光局によると、2016年の中国人の海外旅行者数は、前年比4%増の1億2200万人に達した。日本の総人口に匹敵する規模となっており、各国の経済に与える影響力は非常に高まっている。Hotels.comでは、こうした中国人旅行者の動向について調査を行っており、調査結果をまとめたCITMは今年で6回目となる。

今回の調査ではまず、中国人旅行者が旅行への支出を惜しまない姿勢が表れており、旅程についても長期化の傾向がある事が伺える。1年間の旅行回数は昨年調査時の平均3回から4回へと増加しており、1回の旅行に費やす日数も平均5日から7日へと増加している。過去12カ月の旅行支出額は前年比4%増の3600米ドルと、平均収入の4分の1を超す割合となっている。1日あたりの旅行支出も前年比8%増となっており、更に中国人旅行者は今後12カ月の旅行支出を約10%増加させる意向を示している。ミレニアル世代を中心に旅行への意欲は非常に高い。

調査では中国人旅行者が今後12カ月の間に訪れたい国も発表された。1位に輝いたのはフランスと米国で共に18%の回答を得た。フランスは前年9位、米国は同12位となっており、大きくランクを上げた。3位はこちらも同率でオーストラリア(前年1位)とカナダ(前年17位)が16%となった。日本は10%の回答を得て7位となっており、前年の2位からランクを落とした。フランスや米国、カナダといった地理的に遠い欧米諸国が大きくランクを上げており、中国人旅行者のより遠い国への旅行意識が高まりつつある事が分かった。

2016年の訪日中国人旅行者は前年比27%増 サービスレベルの高さが要因?