四国4県におけるクルーズ船の寄港見込み数は前年を9隻上回り65回となった。中でも高知港は昨年比6隻増となる寄港を見込んでいる。

これは2017年3月8日に発表された国土交通省の調査によるもので、高知港だけでなく高松港、宇和島港でも増加が見込まれている。この増加には外国人客の増加が大きく寄与しているようで、各港の誘致に向けた取り組みが実を結んできていると言えるだろう。

四国4県でクルーズ船の寄港増、政府によるクルーズ寄港後押しも

クルーズ船で日本に入国する外国人も当然年々増加しており、2016年は前年比約78.5%増の約199.2万人と大きな伸び幅。豪華客船を利用し日本で観光をすることによって各港付近では大きな経済効果が期待される。

政府の法整備も各地のクルーズ船寄港の大きな後押しとなっている。3月10日には官民連携でクルーズ船の港湾の整備を推し進める法案が閣議決定された。

インバウンド減速懸念の中で各地方・自治体の取り組みが重要に