タグ・ホイヤー「コネクテッド」(写真=HPより)
タグ・ホイヤー「コネクテッド」(写真=HPより)

昨年のApple Watchの発売によって一気に注目度が増したスマートウォッチ。機能性での競争が繰り広げられ、「ガジェット」として見られることも多いスマートウォッチだが、アップルは元バーバリーCEOの引き抜きやエルメスとのコラボレーションで高級時計セグメントへの参入に意欲的に取り組んでいる。

コンピュータメーカーが先導するスマートウォッチ市場だが、昨年の世界最大の高級時計展示会「バーゼルワールド2015」では、従来保守的と思われていた、タグホイヤー、ブルガリ、グッチ、ブライトリングなどのラグジュアリー・ブランドが次々とスマートウオッチへの参入を表明した。

タグ・ホイヤー 保証期間後は追加料金で自動巻き時計と交換も可

いち早くスマートウォッチの発売を決定したのが、タグ・ホイヤーだ。話題はなんといっても、プロセッサーの巨人インテルと、ネットの覇者Googleとの共同開発だ。スマートウォッチのハードとソフトのノウハウを得て、いち早くラグジュアリー・スマートウオッチをローンチさせようとしている。

高級時計としてタグ・ホイヤーの傑作レーシングウオッチ「カレラ」をベースに、サファイヤクリスタルガラスを採用するなどタグ・ホイヤーのクオリティを保ちながら、Intelプロセッサを採用し、針の影までリアルに表示する高解像度の液晶ディスプレーでAndroidやiOSアプリのデータを表示できる。メールやナビゲーションといったAndroid Wear提供の基本サービス機能をほぼ使用可能。タッチ&スワイプで画面を操作でき、スクリーン部は耐傷性の高いサファイアクリスタルを採用。装着時はアナログ時計と見間違うほど高精細だという。

開発には、ブランパンやオメガ、ウブロなど名だたる高級時計ブランドを完全復活させたジャン・クロード・ビーバー氏がタグ・ホイヤーのCEOとしてプロジェクトを先導していることから、その本気度の高さが伺える。

ちなみに、コネクテッドの保証期間2年を終了した後は、1500ユーロの追加料金を支払えば、自動巻きの腕時計と交換してくれるというサービスが付帯しているようだ。

ブルガリ スポーティーなラバーストラップ採用

コンセプトウオッチは2015年の新作「ディアゴノ マグネシウム」をベースにした「インテリジェント・ウォッチ」と位置づけられている。マグネシウム素材のケース、セラミック製ベゼルを採用していることが予想される。

ラバーストラップを採用しているので、ブルガリの中ではスポーティーなモデルと言える。セキュリティ・テクノロジーでトップのスイス・ワイズキー社と協業し、セキュリティ面での優位性を持った「インテリジェント・ウォッチ」だという。これにより、アクセス制御、支払い、ヘルスサービス、ブルガリホテルのチェックイン、車のエンジンの始動など幅広い機能の搭載が予定されている。ハイジュエラーのクオリティを持ちながら最高かつ先進的なテクノロジーを取り入れようとしている。

グッチ スマホと連携なしでも使えるウェアラブル

ファッションとテクノロジーの融合「ファッショノロジー」をコンセプトとするITベンチャー企業「i.am+(アイ・アム プラス)」と協業し、さらには前タグ・ホイヤーCEOであったステファン・ランダー氏がグッチ タイムピーシズ&ジュエリーのプレジデント&CEOに就任した。ファッショナブルでありながら、技術的にも最先端の非連携型ウェアラブルを目指す。

非連携型とは、スマホと連携しないで、スマートウォッチ単独で多彩な機能をすべて使えるということだ。公式のプレスリリースによれば、搭載される機能は、音声通話、テキストメッセージやEメールの送受信、音楽再生機能、地図検索機能、カレンダー機能、フィットネス機能、音声入力による高度なパーソナルアシスタント機能が予定されている。逆に言えば、腕時計単体で機能することこそが、スマートでファッショナブルであるというグッチの主張が感じられる。

ブライトリング クロノグラフの機能向上のためにスマホと接続

パイロットウオッチをルーツとするブライトリングが発表したコンセプトモデル「エキゾスペース B55」は、ブランドの特徴であるクロノグラフ機能をスマートウオッチでも実現することを試みている。極めて高い質感のブラックチタン製ケースの採用、COSC公認クロノメーターを取得した自社開発の温度補正機能付き多機能ムーブメントの搭載、回転ベゼルに取り付けられたライダータブや、アナログ中三針に加えてダイヤルの上部と下部に分けて表示されるデジタル表示など、従来のパイロットウォッチのデザインを踏襲した、アナログとデジタルのハイブリッドウォッチだ。

ブライトリングはスマートウオッチをスマホに従属する周辺機器ではなく、あくまでクロノグラフの機能や操作性を向上させるためにスマホと接続するものと位置づけている。

ハードのアップデートをどうするか?

スマートウオッチの課題は、ハードウェアのアップデートにどのように対応するかということだろう。

機械式高級時計は機能はもとより、デザインと材質、なによりもブランドのストーリーの普遍性に最も価値があるが、スマートウオッチでは機能が大きな価値比重を占める。ラグジュアリー・セグメントとはいえ、日々進化するハードウェア技術を取り込んでいくにはハードウェアのアップデートは欠かせないが、ラグジュアリー・スマートウオッチは高価格であることが買い替えの最大のネックになる。

その解決策として、タグ・ホイヤーのように保証期間2年を終了した後に追加料金を支払えば、自動巻きの腕時計と交換してくれるというサービスは一つの手だ。また自動車のように、スマートウオッチを下取りして最新のモデルの購入を促し、下取りしたスマートウオッチを中古市場に流通させる方法も考えられる。この方法を取るとすれば、たとえば自動車でいう正規中古車のような安全な下取りのビジネスモデルを構築・運営することが必要だろう。

若い世代の高級時計離れへの対策?

多くの腕時計メーカーは、腕時計に興味を持たない若い世代が増えてきていることを脅威と感じている。常に身に着けているスマートフォンで時間は分かるので、時計を持つ必要がないというわけだ。

このような世代での高級時計離れは著しいと想像できる。上記のブランドは、デジタル・ガジェットに慣れ親しんだ世代を高級時計に繋ぎ止めるために努力し、ブランドの伝統や価値に最新のデジタル技術を取り組むことにちゅうちょしないようだ。

かつては相容れないと考えられていた伝統的な時計と最新技術の融合の試みは、時代の要請なのかもしれない。

見解が分かれるラグジュアリー・ブランドの参入

参入に積極的なラグジュアリー・ブランドがある一方で、高級宝飾ブランドであるカルティエは、スマートウォッチには参入しない方針を明らかにした。同社はこのように主張している。

「カルティエが最も大切と考えるのは感情を喚起させることであり、カルティエの時計は全て、感情と強い結びつきを持っている。スマートウォッチへの期待と需要は確かにあるものの、伝統的な時計を補完するものにすぎない」

これは創業160年を超える歴史を持つメゾンとしてのひとつの見解であり、同様の考えを持つラグジュアリー時計ブランドも多いことだろう。ブランドの普遍性を保ち、その普遍性を進化させることに集中したいカルティエのようなメゾンと、時代の進化を取り入れて先端を走りたいグッチのようなメゾンが共存するのが、時計というアイテムの面白さかもしれない。

立ち上がったばかりのスマートウオッチ市場だが、今後成長するごとに、機能性を追及したガジェット・セグメントとブランドとしての付加価値をつけたとラグジュアリー・セグメントに2極分化していくのではないだろうか。 (ZUU online 編集部)

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)