レジュプレス,coincheck
(写真=Thinkstock/Getty Images)

ビットコインの購入サービス「coincheck」などを手掛けるレジュプレス(東京・渋谷区)が3月7日、ビットコインで寄付を受け付けるクラウドファンディングサービス「coincheck donations」の提供を開始した。

このサービスは、中央機関などを媒介せずに発行、取引されるビットコインの特徴を利用することで、海外からでも即時に寄付ができるサービス。寄付ページに記載しているビットコインアドレスやQRコードを、手持ちのビットコインウォレットから読み取ることで寄付が可能で、クレジットカードや銀行振込のように番号などを入力する手間はかからないという。

また、ビットコインでの取引履歴はブロックチェーンと呼ばれる台帳に記録され、取引の整合性が検証されるシステムとなっているため、寄付の透明性も維持できるとしている。

同社によると、国内NPOでは海外から寄付を受け付けたい要望がある一方で、海外送金の場合、高額な送金手数料や外貨受け入れのための手続きなどの煩雑さなどに課題があった。

そこで、銀行を介さずやり取りができるビットコインの特性を活かすことで、より簡単に寄付を行えるようにした。同社によると、「世界初のビットコイン寄付型のクラウドファンディングサービス」という。また、実社会でビットコインを活用する場を設けることでビットコインの普及を図る考えだ。

coincheck donationsでは3月7日現在、東南アジアの孤児院などにいる子どもたちをサポートする「CHANGアジア子供財団」やアジア・アフリカの8カ国を対象に支援活動を展開する「 グッドネーバーズ・ジャパン」、「日本対がん協会」「かものはしプロジェクト」などが参加。今後もさまざまな団体が参加する予定という。( FinTech online編集部

【編集部のオススメ記事】
「信用経済」という新たな尺度 あなたの信用力はどれくらい?(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
会社で「食事」を手間なく、おいしく出す方法(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)