コロナ禍で損しない確定申告のマル秘テクニック 米国株投資のエキスパートが教える 米国株より日本株に投資すべき6つの理由 コロナ禍で激変するタワーマンション事情 富裕層のリアル2021 元バークレイズ・ウェルスISSヘッドが語る プライベートバンクが超富裕層に伝えていること 資産運用のミカタ 三井・馬渕のwhat's next 有望企業を探せ! 富裕層の資産運用マル秘テクニック 資産家のニューノーマル資本戦略 テレビ東京ビジネスオンデマンド プライベートバンク完全ガイド 〜PBは富裕層に何を伝えているのか〜 明日からすぐ活かせる!金融営業・富裕層営業のプロセス別完全ガイド 日経CNBC
ZUU online編集部

石川和男


PROFILE

建設会社役員・税理士・大学講師・時間管理コンサルタント・セミナー講師と五つの仕事を持つスーパーサラリーマン。1968年北海道生まれ。埼玉県在住。大学卒業後、建設会社に入社。経理部なのに簿記の知識はゼロ。上司に叱られ怒鳴られてすごす。初めて管理職になったときには、部下に仕事を任せられない、優先順位がつけられない、スケジュール管理ができない、ないない尽くしのダメ上司。深夜11時まで残業をすることで何とか仕事を終わらせる日々が続く。体調を崩し、ストレスから体重も1年で10キロ増加。このままでは人生がダメになると一念発起。時間管理やリーダー論のビジネス書を1年で100冊読み、仕事術関係のセミナーを月1回受講するというノルマを課し、良いコンテンツやノウハウを取り入れ、実践することで徐々に残業を減らしていく。さらに個人だけではなくチームとしても効率的な時間の使い方を研究し、生産性を下げずに残業しないチーム作りを実現する。残業をゼロにし空いた時間で、各種資格試験にも挑戦。働きながら、税理士、宅地建物取引士、建設業経理事務士1級などの資格試験に合格。建設会社のほか税理士、講師の仕事も始める。近著に『仕事が「速いリーダー」と「遅いリーダー」の習慣』、『残業しないチームと残業だらけチームの習慣』(共に明日香出版社)、『最新ビジネスマナーと今さら聞けない仕事の超基本』(朝日新聞出版社)ほか多数。

関連する記事

記事一覧

該当する記事は0件です

今、読まれている記事