ショーケース・ティービー,マーケティング支援ツール
(写真=PIXTA 記事=株主手帳2016年4月号掲載)

相場の福の神 今月の探訪先 ショーケース・ティービー

まいど、「相場の福の神」こと藤本です。の社長にインタビューし、その会社の成長の秘密と今後の成長戦略を聞き出す連載の第4回は、ショーケース・ティービー <3909> の森 雅弘社長です。

同社は東京都港区赤坂に本社があり、ウェブサイト最適化技術によりオンラインショッピングでの注文や会員登録などの成約率を高めるeマーケティング事業がメインビジネスの企業です。1998年に創業し、2015年に東証マザーズに上場しています。

(写真=株主手帳)

元リクルート

◆1998年の御社設立のきっかけはなんですか?

金沢大学大学院を卒業後、リクルートに就職しました。ソフトウェア情報誌事業、インターネットメディア事業の企画・営業や新規事業開発等を行っていました。

インターネットの黎明期に、インターネットを活用した事業を行いたいと考え、1996年に当社の前身であるフューチャーワークスを設立しました。その後、副社長の永田豊志が設立したスマートイメージと合併して、現在のショーケース・ティービーが2005年11月に誕生したのです。

インターネット×おもてなし

◆御社の概要をご説明してください。

Webサイトをより「見やすく・わかりやすく・入力しやすく」するWebサイト最適化サービスを開発・提供しているWebマーケティング支援の会社です。具体的には、企業の運営するWebサイトに対してクラウド型(ASP、SaaS)のWebサイト最適化ツールを提供しています。

当社のマーケティング支援ツールは、利用者をWebサイト訪問から、商品購入や資料請求などの成果(コンバージョン)に至るまでスムーズに誘導します。また、スマートフォンなど急増する多種多様なデバイスにおいても、操作性の高い優れたサイト表示をサポートしています。

基本ストック型のビジネスで、3メガバンクをはじめとする金融機関、人材、不動産、EC業界を中心とした各界のリーディングカンパニーの累計6200アカウント以上の導入実績があります。

主力製品の「ナビキャスト フォームアシスト」は、独自技術による特許を持った戦略商品で、国内初、かつナンバーワンの導入実績実を持つ、入力支援システムです。

◆ユニークな社名ですが?

ショーケースというのは、商品が売れる仕組み、魅力的に見せるための仕掛けという意味で、ティービーはテレビジョンとして遠くに届けるインターネットのメタファーとして使っています。

◆御社の特徴、強みは何ですか?

インターネット上でのおもてなしです。現在、インターネットでは、様々なサイトがあり、会員登録など入力することがあります。しかし、すべてが見やすく、使いやすい訳ではありません。まずはそれらを解決するのが、ネット上でのおもてなしの第一歩だと考えています。

国内・海外において8つの特許を取得し、これらの技術を搭載したASPサービスで対応しています。だからこそ、3大メガバンクをはじめ、数多くのお客様に当社のサービスが利用されているのだと思います。また、個別にカスタマイズすることはなく、パッケージ型のサービスなので、開発費などの損益分岐点を超えれば、一気に利益率が高まるのも強みです。

IoT、O2Oやフィンテックなどの新規分野でのサービス

◆今後の戦略を教えてください。

今後の成長は、IoT、O2Oやフィンテックなどの新規分野でのサービスです。まず、先行しているのはフィンテック分野です。

具体的には、登録したメールアドレスを、1000点満点でスコアリングを行うサービスを始めました。そのメールアドレスがいつ、何処で、どのように作られたかを推定し、SNSなどで使われているかなど、様々な視点から考察して、そのメールアドレスへの信頼度をスコアリングします。信頼度が低いメールアドレスを入力されたときには、管理者にアラートを警告します。極端な場合、それ以後の入力を拒否して、登録させな
くするのです。

福の神 ココがポイント!

2月12日に2.040円の上場来安値を付けてからは、反発しましたが、乱高下しています。昨年3月に東証マザーズに新規上場したので、新規上場して1年が経過したことになります。新規上場株は、投資対象を上場後1年経過した銘柄に限定している機関投資家も多くいます。

数多くの顧客基盤を元にしたストック型の安定的な収益構造は機関投資家が好むため、上場後1年をきっかけに機関投資家の買いが期待出来そうです。

ショーケース・ティービー (3909・マザ)

藤本誠行
【プロフィール】
「相場の福の神」とも呼ばれている証券アナリスト。Yahoo!ファイナンス株価予想2012年勝率1位、伝説の39連勝男。現SBI証券投資調査部シニアマーケットアナリスト、日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト、オールアバウト株式ガイド(記事提供: 株主手帳 )

【編集部のオススメ記事】
2017年も勝率9割、株価好調の中でもパフォーマンス突出の「IPO投資」(PR)
資産2億円超の億り人が明かす「伸びない投資家」の特徴とは?
株・債券・不動産など 効率よく情報収集できる資産運用の総合イベント、1月末に初開催(PR)
年収で選ぶ「住まい」 気をつけたい5つのポイント
元野村證券「伝説の営業マン」が明かす 「富裕層開拓」3つの極意(PR)