茂木健一郎,パフォーマンス,やる気,狂気
(写真=Thinkstock/Getty Images)

茂木健一郎流「自分基準」の磨きかた

私たちは、仕事や勉強のパフォーマンスが上がらない理由を、「やる気が起こらない」「やる気が不足している」ことに求めがちです。そして「何かやる気が出る方法はないものか」と考え込み、ますますパフォーマンスを落としてしまうことも。

しかし、脳科学者の茂木健一郎氏は、この「やる気至上主義」ともいえる考え方に異を唱えます。茂木氏は著書 『いつもパフォーマンスの高い人の 脳を自在に操る習慣』 において、次のように述べています。

「何かをはじめようとしたとき、実はやる気はまったく必要ありません。むしろ、やる気というのは、ときにパフォーマンスを上げて仕事や勉強するための阻害要因となってしまうことすらあるのです」(13ページ)

意外にも「やる気はいらない、むしろやる気がパフォーマンスを下げる場合もある」というのです。どういうことなのでしょうか?

茂木氏は同書で、「やる気」以外にも、パフォーマンスを下げてしまう要因をいくつか指摘しています。そして、そうした要因を排して、パフォーマンスを上げるための方法も。同書の内容から見ていきましょう。

脳は「やる気」という感情を必要としていない

茂木氏によれば、仕事などのパフォーマンスを維持するために大切なのは「やる気」などではなく、「いつものことを淡々とこなす平常心」だ、とのこと。なぜなら、私たちのパフォーマンスは日々の習慣を適切にこなすことによって成り立っているため、「やる気」という特別な感情は脳にとっては不要なのだそうです。いわば、たまにしか食べない贅沢なデザートのようなもので、ときどき思い起こすぐらいがちょうどいいのだとか。

茂木氏が専門とする脳科学の世界では、「やる気」は次のように捉えられています。

ひとつは、「やらないことの言い訳に使われるもの」。「やる気」とは、それさえ手に入れたら何でもできるという自分に対する甘えにもつながる、やっかいなものだという捉え方です。

もうひとつは、「勝手な自分の思い込み」だということ。つまり、「やる気がないと何もできない」というのは思い込みに過ぎない感情であり、実際のところ「やる気」とは、幻覚のように不確かなものだ、というのです。

このような見方をすれば、「やる気は、パフォーマンスを下げる要因にさえなりかねない」という主張にもうなずけます。「やる気」が自分の上に舞い降りてくるまで行動しないのは、単なる甘えであり、ムダなことなのですね。

「客観性」に取りつかれると判断力を失ってしまう

私たちは、パフォーマンスの評価基準をどこに置くことが多いでしょうか。皆が納得しそうな答えは、「100点満点で75点」「TOEIC800点」といった「点数」でしょう。たしかに点数は、客観的で正当な指標であるように思えます。

しかし、茂木氏はここにも問題を指摘します。日本人は「客観性の病」に冒されているような気がしてならない、というのです。

『いつもパフォーマンスが高い人の 脳を自在に操る習慣』(茂木健一郎著)
『いつもパフォーマンスが高い人の 脳を自在に操る習慣』(茂木健一郎著)

客観性の病とは、自分ではなく、外部に評価の根拠を求めすぎてしまうこと。その症状は、TOEICのスコアのような、数値化された評価を過大に信奉してしまうことに典型的にあらわれます。点数だけでなく、たとえば「この英語の発音が正しい」というような、一般的に信じられている(と思われる)評価基準を重視しすぎる傾向も含まれます。

たとえば、「TOEICのスコアが満足いくものではないから希望する転職をあきらめた」とか、「正しい発音を身につけていないことを引け目に感じ、英語でプレゼンテーションする機会を辞退してしまった」というような経験がある人は、この病に冒されているのかもしれません。英語ネイティブのように発音できなくても、世界的に大活躍する非英語圏の人は大勢いるのですから。

また、この客観性の病は、人の主観を鈍らせ、自分で判断する能力を失わせる危険性を持っています。茂木氏は、脳科学者らしく次のように表現しています。

「この客観性の病に侵されてしまうと、脳にも悪影響を及ぼす危険があるので注意が必要です。自分の主観が鈍っていくということは、前頭葉の判断する能力が衰えていってしまうことです。つまり、客観性に頼ろうとすればするほど、その人の前頭葉は働かなくなってしまうということです」(17ページ)

自分のパフォーマンスを「メタ認知」で点検する

外部の(一見)客観的な評価基準に頼りすぎると、自分で判断する能力が失われ、結果的にパフォーマンスが下がってしまう。このような状態に陥らないために、茂木氏は「自分で自分を評価しよう」と言っています。しかし、自己を正しく評価するのは難しいように思えます。どのように自己評価すればいいのでしょうか。

茂木氏は、「メタ認知」によって自分のパフォーマンスの度合いを点検することをすすめています。メタ認知とは、自分自身の思考や行動そのものを対象として、客観的に把握し認識することです。茂木氏は自分の仕事を例にとり、次のように説明しています。

「私の場合でいえば、原稿の執筆が、まさにこの方法にあてはまります。(中略)書き終わった後で、必ず原稿を読み直すのですが、この推敲の作業がメタ認知だといえます。そこでもっと客観的な視点で自分の文章をチェックして、「この表現はこうしたほうがいいかもしれないな」などといった修正をほどこして原稿を仕上げています」(30ページ)

ただし、メタ認知を利用するときには忘れてはならないポイントがあります。それは、メタ認知のオンとオフを適切に使い分けることです。

つまり、仕事や勉強などに取り組んでいる最中は、パフォーマンスの質などを気にせずに、集中して全力で取り組んで、メタ認知を「オフ」にしておくのです。茂木氏が原稿を書いているときはまさにそういう状態です。そして、作業が終わった後にメタ認知を「オン」にして、自分のパフォーマンスを客観的に点検します。

このオンとオフを正しく切り替えないとパフォーマンスにいい影響を与えることはできません。目の前のことに取り組んでいる最中にもかかわらず、途中の経過を気にしてしまったり、いちいち自分にダメ出ししている人は、高いパフォーマンスを発揮できないでしょう。

自分のなかの基準を磨き、貫こう

このようにして自分のパフォーマンスを評価するとき、自分に甘くなってしまっては、パフォーマンスを向上させることはできません。他人や客観的な評価に頼らずに自分自身で評価を下す場合、その正当性が重要なのは言うまでもありません。

自分のパフォーマンスを正当に評価できる基準を自身のなかにつくり、それを貫くことによってさらにパフォーマンスを上げていくにはどうすればいいのでしょうか。茂木氏は以下のようなヒントを提示しています。

既存の通念や常識を疑ってみる

学生との交流も多い茂木氏は、東大生よりも、芸術大学や美大の学生に、「センスの良さ」や「自分基準の高さ」を感じることが多いそうです。なぜなら、芸術系に進んだほとんどの学生たちは、「アートでは食えないでしょ?」と周囲に反対されたにもかかわらず、自分を貫き通した強さを持っているから。彼らには、偏差値で人間の頭の良さがわかるというルール、既存の常識から離れ、自分だけの感性を磨きあげていく強い意志があるのです。だから自然と、自分の基準が鍛えられるわけです。

既存の概念や常識、凝り固まった固定概念はパフォーマンスを加速させるのには不要なものです。そうした衣を脱ぎ捨てて、思考を裸にしてみることが大事です。

他人がつくった価値観や基準を忖度しない

たとえばミシュランで星を獲得したレストランで食事をしたとき、自分ではそれほどの感銘を受けなかったとします。しかし、自分で感じたものよりミシュランの評価に重きを置き「さすが。ミシュランで星を獲っているだけあるな」と評する……。これでは、いつまでたっても自分の感覚を磨くことはできないでしょう。

茂木氏の大切な友人である白洲信哉氏(祖父は官僚、実業家として著名な白洲次郎氏)、「ミシュランなんて関係ないでしょ? 自分が『美味しい』と思える店に出会えたらそれでいい」と言ったそうです。確固とした自分の基準を持ち、ぶれることなく物事の価値を評価することができる。参考にしたいですね。

「狂気」がパフォーマンスを高める!

仕事に集中して没頭したり、何かを成し遂げようとしてハイテンションでいると「何をムキになって頑張っているんだ」「ちょっとあの人のテンション怖くない?」などという声が聞こえてきそうで、「あ、もっと冷静にならなきゃ……」と、つい自分にブレーキをかけてしまいませんか?

しかし、ここ一番というときには、「火事場の馬鹿力」のように、脳のリミッターを振り切った状態を意識的に作り出すことも必要です。茂木氏によれば、古代ギリシャでは、「何かに没頭してクリエイティブな才能を発揮する状態」を「狂気」と捉えていたそうです。また、現代でも、スティーブ・ジョブズのような傑出したクリエイターたちの狂気的な一面はよく伝えられるところです。

茂木氏からのメッセージでこの稿を締めくくりましょう。

「どうやったら自分らしいキャリアを切り開くことができるのか、どこに自分に適した仕事、職場があるのだろうかといった悩みを抱えて日々仕事や勉強をしている人がいるとすれば、ここ一番というときに、いい意味での狂気的な自分をつくり出してみてはいかがでしょうか。たとえ周囲から非難されようとも、スティーブ・ジョブズのようにわが道を貫く──この勇気や大胆さが、あなたのパフォーマンスを火事場の馬鹿力のように高めてくれるのです」(39ページ)

(提供: 日本実業出版社 )

【編集部のオススメ 日本実業出版社記事 】
人工知能とヒトの未来は「ドラえもん」? 「ターミネーター」?
「マインドフルネス」で心を強く、やわらかくする
人をやる気にさせるのは「アメと○○」
広大な学問の世界を旅するためのガイドブック登場!
「つい、買ってしまった!」をつくる脳科学マーケティングの秘密